【GS】ゴールドマンサックスの株価と決算、配当

ゴールドマンサックス(Goldman Sachs)は世界トップクラスの総合金融グループであり、ダウ平均にも組み入れられています。

富裕層をはじめ、企業、金融機関、政府機関などに金融サービス(投資銀行、証券、資産管理など)を提供しています。

その事業構成は以下の通りです。

年/月 19/12
グローバルマーケッツ 40.4%
アセットマネジメント 24.5%
インベストメントバンキング 20.8%
コンシューマー&ウェルスマネジメント 14.2%

地域別売上高は以下の通り。

年/月 18/12 19/12
米州 61% 60.6%
欧州+中東アフリカ 25.3% 26.7%
アジア 13.8% 12.7%

GSは政府との関係が緊密なので、歴代政権に元幹部を送り込んできました。

たとえば、GS幹部だったムニューチン氏や元CEOのヘンリー・ポールソン氏(第74代財務長官)など、政界に転身する人が数多いのです。

近年の動きでは、2012年の資産リストラや13年の中国工商銀行(ICBC)株の売却などが注目されていました。

懸念事項の一つになっていたマレーシアの政府系ファンドの汚職事件への関与については、20年7月に政府との和解が成立しました。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

21/1/4株価 267
21/1/22株価 289.4
株価上昇率 8.39%
52週高値 309.4
52週安値 130.9
β値 1.5
EPS 24.74
PER 11.7
配当利回り 1.73%
時価総額(億$) 996
株式数(億) 3.4

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。
graph
株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は1/22株価)
GS 初値 終値 上昇率
2021 267 289.4 8%
2020 231 263.7 14%
2019 164.3 229.9 40%
2018 257.8 167.1 -35%
2017 242.7 254.8 5%
2016 175.8 239.5 36%
2015 195.3 180.2 -8%
2014 177 193.8 10%
2013 131.3 177.3 35%
2012 93 127.6 37%
2011 170.6 90.4 -47%
2010 170.1 168.2 -1%
2009 84 168.8 101%
2008 214.8 84.4 -61%
★2:各年初から21/1/22までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
8% 25% 76% 12%
17年~ 16年~ 15年~ 14年~
19% 65% 48% 63%
13年~ 12年~ 11年~ 10年~
120% 211% 70% 70%
09年~ 08年~
245% 35%

配当利回りと配当性向

さらに、配当利回りを見てみます。

権利落ち日 配当 利回り 株価
2020/12/2 1.25 2.1% 237.7
2020/9/1 1.25 2.43% 205.5
2020/6/1 1.25 2.5% 199.9
2020/3/2 1.25 2.2% 209.5
2019/12/2 1.25 1.91% 217.6
2019/8/30 1.25 1.81% 203.9
2019/5/30 0.85 1.73% 187.4
2019/2/28 0.8 1.63% 196.7
2018/11/30 0.8 1.65% 190.7
2018/8/30 0.8 1.29% 239.4
2018/5/31 0.8 1.35% 225.9
2018/3/1 0.75 1.17% 256.8

配当性向の推移もモーニングスター(MS)社のデータで確認してみましょう。
★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕
★単純計算=EPS÷1株配当。MS試算=モーニングスター社の試算値

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
08/12 4.47 1.4 31.3
09/12 22.13 1.52 6.9 6.9
10/12 13.18 1.4 10.6 10.6
11/12 4.51 1.4 31.0 21.6
12/12 14.13 1.77 12.5 12.5
13/12 15.46 2.05 13.3 12.2
14/12 17.07 2.25 13.2 12.8
15/12 12.14 2.55 21.0 16.4
16/12 16.29 2.6 16.0 20.7
17/12 9.01 2.9 32.2 14.6
18/12 25.3 3.2 12.5 21.9
19/12 21.0 4.2 19.7 16.5



四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 1/16 1月前 2月前
Y:2021 26 24.14 24.04
Y:2020 19.69 19.09 19.06
Q:21/3 6.75 6.17 6.09
Q:20/12 7.47 6.16 5.96
EPS 予想 結果 %
20/12 7.47 12.08 4.61 61.7
20/9 5.57 9.68 4.11 73.8
20/6 3.78 6.26 2.48 65.6
20/3 3.35 3.11 -0.24 -7.2
19/12 5.47 4.69 -0.78 -14.3
19/9 4.81 4.79 -0.02 -0.4
19/6 4.89 5.81 0.92 18.8
19/3 4.89 5.71 0.82 16.8
18/12 3.95 6.04 2.09 52.9
18/9 5.38 6.28 0.9 16.7
18/6 4.66 5.98 1.32 28.3
18/3 5.58 6.95 1.37 24.5

graph

売上高:予想と結果

予想 1/16 1月前 2月前
Y:2021 38640 38260 37970
Y:2020 42670 42120 41940
Q:21/3 10200 10010 9840
Q:20/12 9990 9350 9110
売上 予想 結果
20/12 9990 11740 1750 17.5
20/9 9380 10780 1400 14.9
20/6 9730 13290 3560 36.6
20/3 7920 8740 820 10.4
19/12 8490 9955 1465 17.3
19/9 8560 9461 633 7.2
19/6 8828 9461 633 7.2
19/3 8994 8807 -187 -2.1
18/12 7629 8080 451 5.9
18/9 8383 8646 263 3.1
18/6 8739 9402 663 7.6
18/3 8737 10036 1299 14.9

graph
決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

GS 売上高 営業CF 同マージン 純利益
08/12 22222 1894 9% 2041
09/12 45173 48875 108% 12192
10/12 39161 -5357 -14% 7713
11/12 28811 22501 78% 2510
12/12 34163 12879 38% 7292
13/12 34206 4543 13% 7726
14/12 34528 -7932 -23% 8077
15/12 33820 9481 28% 5568
16/12 30790 6494 21% 7087
17/12 32730 -20489 -63% 3685
18/12 36616 16564 45% 9860
19/12 36546 23868 65% 7897

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

GS SG(%) EPS DSO
08/12 -52% 4.47
09/12 103% 22.13
10/12 -13% 13.18
11/12 -26% 4.51
12/12 19% 14.13
13/12 0% 15.46
14/12 1% 17.07
15/12 -2% 12.14
16/12 -9% 16.29
17/12 6% 9.01
18/12 12% 25.27
19/12 0% 21.03

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

GS 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
08/12 884547 820178 64369 7%
09/12 848942 778228 70714 8%
10/12 911332 833976 77356 8%
11/12 923225 852846 70379 8%
12/12 938555 862839 75716 8%
13/12 911507 833040 78467 9%
14/12 855842 773045 82797 10%
15/12 861395 774667 86728 10%
16/12 860165 773272 86893 10%
17/12 916776 834533 82243 9%
18/12 931796 841611 90185 10%
19/12 992968 902703 90265 9%

ROAとROEなど

GS ROA ROE 流動比率
08/12 0% 3% 79%
09/12 1% 17% 80%
10/12 1% 10% 80%
11/12 0% 4% 79%
12/12 1% 10% 71%
13/12 1% 10% 82%
14/12 1% 10% 86%
15/12 1% 6% 87%
16/12 1% 8% 92%
17/12 0% 4% 93%
18/12 1% 11% 93%
19/12 1% 9% 77%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

GS 営業CF 投資CF 財務CF
08/12 1894 -4337 7901
09/12 48875 -1561 -22828
10/12 -5357 -985 7839
11/12 22501 629 -6910
12/12 12879 -3734 7516
13/12 4543 -8728 -7351
14/12 -7932 -14909 18999
15/12 9481 -18574 27507
16/12 6494 9675 12103
17/12 -20489 -26377 35206
18/12 16564 -18820 22752
19/12 23868 -24236 3367