NVDA

geralt / Pixabay

全投稿記事 情報技術 米国株 高成長銘柄

【NVDA】エヌビディアの株価と決算、配当

投稿日:

エヌビディア(NVIDIA Corporation)は世界有数のグラフィックス用半導体大手企業です。

ゲーム、プロ用ビジュアリゼーション、データセンター、自動運転等のプラットフォームを提供し、バーチャルリアリティや人口知能などの最新技術の開発に注力しています(17年5月にトヨタと自動運転車の開発で提携)。

同社はPCの画像処理に用いるGPU (グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発。

そのGPUコンピューティングは毎秒7000種類以上の花の種類を識別するといった途方もない処理能力を誇っています。

※GPUというのはGeForceの呼称。GeForceは高性能の2D描画機能と3D描画機能を備えたゲーム用のビデオチップ。3D描画では、従来CPU(PCの中核を担うプロセッサー)が担った3次元の座標計算やポリゴンの陰影処理等の処理を可能にした。

近年ではクラウド事業者の需要に応えるべくGPUプラットフォーム「Volta(ボルタ)」を出荷。これは全世代の製品に比べると深層学習の演算を10 倍速く行える優れものなので、アマゾンやアリババ、百度、テンセント等のテクノロジー企業が「Volta」を採用しました。

このGPUおよびTegraプロセッサ等が収益の柱になっています。

※TegraプロセッサはGPUとCPUを統合し、外出時でも自宅にいる時と同じように端末を用いてゲームで遊んだり、映画を観たり、動画を共有したりできるようにする。

主力製品はPC向けの「GeForce」、産業デザイン用の「Quadro」、スパコン用の「Tegra」(モバイル向けの「Tegra」もあり)等。

2018年1月決算で判明した通年売上のうち、GPUが83.8%、Tegraプロセッサが15.8%を占めました。

地域別売上高は以下の通り。

  • 台湾:30.8%
  • 中国:19.5%
  • 米国:13.1%
  • 欧州:7.9%
  • アジア太平洋など:21.3%
  • その他:7.4%

NVDAは、米国とアジア太平洋をまたにかけたテクノロジー企業として台頭してきています。

近年は自動運転に注力。トラフィック・ジャム・パイロット(混雑した道路上で自動運転を可能にする技術)からロボタクシーまで、完全自動運転の実現を目指し、 NVIDIA DRIVE(自動運転プラットフォーム)の改良を続けています(2018年の報告書によれば320社以上がデータセンターや車両にNVIDIA DRIVE技術を採用)。

2018年5月3日には「NVIDIA DRIVE Xavier」(シングルチップの自動運転車向けプロセッサ)は、ドイツが誇る世界最高峰の認証機関「テュフズード」(TUV SUD)の安全性認証を取得しました。

エヌビディアのNVIDIA DRIVE Xavierは、90 億個のトランジスタを搭載し、膨大なデータを処理してディープラーニングを行い、自動運転の中核機能を担います(わずか30Wの消費電力で毎秒1兆ものディープラーニング演算を実行可能)。

このプロセッサは、運転のあらゆる側面に AI を組み込み、エヌビディアと協業する企業や組織のテクノロジー開発をサポートします

「NVIDIA DRIVE Xavier」は、2018年第4四半期に発売される予定です。

【NVDA】エヌビディアの指標

スポンサーリンク

まず、エヌビディアの主要指標のデータは以下の通りです(出所はグーグルファイナンスなど)。

1/2株価 195.8
11/16株価 164.4
株価上昇率 -16.00%
52週高値 292.8
52週安値 161.6
EPS 4.61
PER 35.66
配当(利回り) 0.60 (0.36%)
時価総額(億$) 1000
株式数(億) 6.1

伸び率は高いのですが、わずかな配当が出ています。

【NVDA】エヌビディアの株価推移

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

上がりも下がりもすごい勢いです。

その株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/16)
NVDA 初値 最安 最高 終値 上昇率
2018 195.8 164.4 289.4 164.4 -16%
2017 104.4 95.5 217 193.5 85%
2016 32.3 25.2 109.8 106.7 230%
2015 20.2 19.1 33.8 33 63%
2014 15.9 15.4 21.1 20.1 26%
2013 12.5 12 16.2 16 28%
2012 14.3 11.4 16.5 12.3 -14%
2011 15.5 11.7 25.7 13.9 -11%
2010 18.5 8.9 18.9 15.4 -17%
2009 8.1 7.2 18.7 18.7 131%
2008 34 5.9 34 8.1 -76%
★2:各年初から2018/11/16までの伸び率
18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~ 13年~
-16% 58% 409% 714% 934% 1215%
12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~ -
1050% 961% 789% 1930% 384% -

09年初から18年11月16日までで、株価が24倍以上の株価になりましたが、18年には株価の急落も起きました。

今後の展開には注意が必要でしょう。

 

【NVDA】エヌビディアの配当

ここで5年ほどの配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算(=単純計算)の箇所は筆者挿入。

(EPS=1株当たり配当。配当性向=1株当たり配当÷EPS×100  ※これは純利益から配当金を支払っている割合。TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値)

年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
2014/1 0.74 0.31 41.9 39
2015/1 1.12 0.34 30.4 33.3
2016/1 1.08 0.39 36.1 34.1
2017/1 2.57 0.48 18.7 23.5
2018/1 4.82 0.57 11.8 13.9
TTM 6.85 0.59 8.6 8.6

さらに、四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日 1株配当($) 配当利回り 当日株価
2018/08/30 0.15 0.2% 277.81
2018/05/24 0.15 0.2% 247.69
2018/02/23 0.15 0.2% 245.93
2017/11/24 0.15 0.3% 216.96
2017/08/24 0.14 0.3% 165.19
2017/05/23 0.14 0.4% 137.03
2017/02/24 0.14 0.5% 101.46
2016/11/28 0.14 0.5% 94.11
2016/08/25 0.115 0.7% 61.53
2016/05/26 0.115 1.0% 45.65
2016/03/02 0.115 1.3% 32.94
2015/11/20 0.115 1.3% 31.39

スポンサーリンク

【NVDA】四半期決算(予想と実値)

さらに、決算の数字を見てみます。

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフローの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

以下、ロイターのサイトに掲載されている予想値です(2018/11/18)

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています(後述のGAAP基準と異なる売上とEPSの数値は非GAAP基準)

【NVDA】ロイター予想値

売上予想 平均 上限 下限 期間
2020 13141 15792 11987 通年
2019 12268 13167 12111 通年
2018 9489 9624 9451 通年
3-19 2876 3516 2700 4半期
12-18 2685 2821 2648 4半期
売上 予想 結果
9-18 3239 3181 58 1.80
6-18 3101 3123 22 0.70
3-18 2910 3207 297 10.19
12-17 2685 2911 226 8.42
9-17 2364 2636 272 11.49
EPS予想 平均 上限 下限 期間
2020 7.46 9.27 6.53 通年
2019 7.28 7.92 6.36 通年
2018 4.22 4.58 4.14 通年
3-19 1.56 2.03 1.34 4半期
12-18 1.17 1.27 1.10 4半期
EPS 予想 結果
9-18 1.87 1.84 0.03 1.36
6-18 1.74 1.94 0.20 11.45
3-18 1.58 2.05 0.47 29.39
12-17 1.17 1.57 0.40 34.36
9-17 0.94 1.33 0.39 40.83

【NVDA】四半期実績(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

(出所は亜州IR株式会社『米国株四半期速報』とモーニングスターHP、エヌビディア決算など)

なお、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPSです。

四半期決算:2015~2018年

売上高 純利益 EPS
4-2015 1151 134 0.24
7-2015 1153 26 0.05
10-2015 1305 247 0.44
1-2016 1401 207 0.35
4-2016 1305 196 0.33
7-2016 1428 261 0.41
10-2016 2004 542 0.83
1-2017 2173 655 0.99
4-2017 1937 507 0.79
7-2017 2230 583 0.92
10-2017 2636 838 1.33
1-2018 2911 1118 1.78
4-2018 3207 1244 1.98
7-2018 3123 1101 1.76
10-2018 3181 1230 1.97

事業別に見た売上高

18年7月までのデータで各事業分野ごとに四半期の売上高を見てみます(出所:NVDAのスライド)。

  • ゲーム:ゲーミング
  • プロ用VZ:プロフェッショナルビジュアライゼーション
  • データ:データセンター
  • 自動車(AUTO):自動運転関連
  • OEM&IP:パソコン組み込み型製品等
ゲーム プロ用VZ データ 自動車 OEM&IP
10-2016 1244 207 240 127 186
1-2017 1348 225 296 128 176
4-2017 1027 205 409 140 156
7-2017 1186 235 416 142 251
10-2017 1561 239 501 144 191
1-2018 1739 254 606 132 180
4-2018 1723 251 701 145 387
7-2018 1805 281 760 161 116
10-2018 1764 305 792 172 148

2018年4月決算の頃に、創業者兼最高経営責任者であるジェン・スン・ファンは以下のように述べました。

  • 「当社のデータセンター事業は新記録を達成。ゲームは依然として堅調」
  • 「従来のコンピューティングの立ち遅れが(NVDAに)AIコンピューティングの需要をもたらし、(わが社は)その需要の驚異的な成長機会の真っ盛りにある」
  • 「我々が(他社に)先駆けて開発したGPUコンピューティングのアプローチは、この隙間を満たすのに理想的だ」
  • 「また、Tensor Core GPUの発明により、AI時代における我が社の強い立場がさらに有利になった」

※出所はNVDAの4半期決算(2018年4月決算)

スポンサーリンク

通年決算:2009~2018年

最後に、通年決算の数字を見てみます。

損益計算:2009~2018年

売上高 営業CF 同マージン 純利益
01-2009 3425 249 7.3% -30
01-2010 3326 488 14.7% -68
01-2011 3543 676 19.1% 253
01-2012 3998 909 22.7% 581
01-2013 4280 824 19.3% 563
01-2014 4130 835 20.2% 440
01-2015 4682 906 19.4% 631
01-2016 5010 1175 23.5% 614
01-2017 6910 1672 24.2% 1666
01-2018 9714 3502 36.1% 3047

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

各主要事業の売上は以下の通り。

  • ゲーム事業:28.2億(16年)⇒40.6億(17年)⇒60.5億(18年)
  • プロフェッショナルビジュアライゼーション:7.5億(16年)⇒8.3億(17年)⇒9.3億(18年)
  • データセンター:3.4億(16年)⇒8.3億(17年)⇒19.3億(18年)
  • 自動車分野:3.2億(16年)⇒4.8億(17年)⇒5.5億(18年)

データセンター部門がAI需要の拡大に伴い、急成長しています。

EPSなど:2009~2018年

営業利益率 EPS DSO
2009/01 -1.3 -0.05 52.5
2010/01 -3.0 -0.12 38.0
2011/01 7.2 0.43 37.3
2012/01 16.2 0.94 31.3
2013/01 15.2 0.90 33.7
2014/01 12.0 0.74 38.9
2015/01 16.2 1.12 35.1
2016/01 17.5 1.08 35.7
2017/01 28.0 2.57 35.2
2018/01 33.1 4.82 39.3

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。DSOが急増する企業は要注意。上記DSOの出所はモーニングスター社。

財務情報:2009~2018年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
1-2009 3351 956 2395 71.5%
1-2010 3586 921 2665 74.3%
1-2011 4495 1314 3181 70.8%
1-2012 5553 1407 4146 74.7%
1-2013 6412 1585 4828 75.3%
1-2014 7251 2794 4456 61.5%
1-2015 7201 2783 4418 61.4%
1-2016 7370 2901 4469 60.6%
1-2017 9841 4079 5762 58.6%
1-2018 11241 3770 7471 66.5%

さらに、重要指標を見てみます。

  • ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業がどれだけの利益を上げたかを見る
  • ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業がどれだけの利益を上げたかを見る
  • 流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)
  • TTM:下表では11/12時点から過去12カ月で計算した値
ROA ROE 流動比率
単位 倍率
2009/1 -0.9 -1.2 2.8
2010/1 -2.0 -2.7 3.2
2011/1 6.3 8.7 3.4
2012/1 11.6 15.9 4.2
2013/1 9.4 12.5 4.9
2014/1 6.4 9.5 5.9
2015/1 8.7 14.2 6.4
2016/1 8.4 13.8 2.5
2017/1 19.4 32.6 4.7
2018/1 28.9 46.1 8.0
TTM 38.6 58.3 7.4

キャッシュフロー:2009~2018年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
1-2009 249 -209 -349 -158
1-2010 488 -519 61 410
1-2011 676 -650 192 578
1-2012 909 -1143 237 770
1-2013 824 -744 -15 641
1-2014 835 -806 390 580
1-2015 906 -727 -834 784
1-2016 1175 -400 -676 1089
1-2017 1672 -793 291 1496
1-2018 3502 1278 -2544 2909

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 情報技術, 米国株, 高成長銘柄
-,

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.