【OKTA】オクタの株価と決算 

2020年9月25日

広告

オクタ(OKTA)はクラウドベースの企業向けID管理システムを提供しています。

「Okta Identity Cloud 」にログインすれば、一度の認証で多数のクラウド上のアプリを使えるようになり、企業側もユーザーのアプリの時用状況を把握(これで不正利用をチェック可能)できるようになります。

いくつものクラウドサービスを一度の認証で利用できるだけでなく、セキュリティの向上とIDアクセスの管理が効率化できるわけです。

以前は、社員がウェブの仕事で顧客管理や社内情報の把握、ソフト開発などのためにクラウド上のアプリに何度も認証作業を繰り返していたのですが、その煩わしい作業がOKTAで解消されました。

また、会社側では、社員が用いているアプリの把握や、その利用許可の有無など、面倒なチェック業務が発生していたのですが、それもOKTAで解消。

最近、ZOOMのセキュリティ問題も有名になりましたが、OKTAと組み合わせて使えば不正認証がブロックできるので、それが解決されます。

このビジネスはCRM出身のトッド・マッキノン現CEOが創業しました。

売上構成の9割以上はサブスクリプション収入で、残りをプロフェッショナル向けのサービスで稼いでいます。業務内容からいえば、サイバーセキュリティ事業の一種だとも言えます。

OKTAはサブスク方式で自動化されたユーザー管理や統合、モバイルID、マルチファクター認証などを提供しているので、その事業拡大が投資家に期待されています。

現在、AWS(アマゾンウェブサービス)やBOX、グーグルクラウドやMSFT、ネットスイート(ORCL傘下)、SAPといった、主要なベンダーと業務提携し、顧客を大企業から中小企業にまで拡大。大学や政府機関などにも利用者を増やしています。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/2株価 116.8
9/24株価 204.5
株価上昇率 75.19%
52週高値 231.3
52週安値 88.7
β値 0.96
EPS -1.89
PER #N/A
配当利回り
時価総額(億$) 262
株式数(億) 1.2

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は9/24株価)
OKTA 初値 終値 上昇率
2020 116.8 204.5 75%
2019 61.1 115.4 89%
2018 25.9 63.8 146%
2017 23.8 25.6 8%
★2:各年初から20/9/24までの伸び率
20年~ 19年~ 18年~ 17年~
75% 235% 690% 759%

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 9/5 1月前 2月前
Y:2022 0.1 -0.02 -0.01
Y:2021 -0.01 -0.2 -0.2
Q:21/1 -0.02 -0.05 -0.05
Q:20/10 -0.01 -0.06 -0.06
EPS 予想 結果
20/7 -0.02 0.07 0.09 -450.0
20/4 -0.17 -0.07 0.1 58.8
20/1 -0.05 -0.01 0.04 80.0
19/10 -0.12 -0.07 0.05 41.7
19/7 -0.11 -0.05 0.06 54.6
19/4 -0.21 -0.19 0.02 9.5
19/1 -0.08 -0.04 0.04 50
18/10 -0.11 -0.04 0.07 63.6
18/7 -0.19 -0.15 0.04 21.1
18/4 -0.16 -0.09 0.07 43.2

売上高:予想と結果

予想 9/5 1月前 2月前
Y:2022 1040 1010 1010
Y:2021 803 777 777
Q:21/1 216
Q:20/10 203 196 196
売上 予想 結果
20/7 186 200 14 7.5
20/4 171 183 12 7.0
20/1 156 167 11 7.1
19/10 144 153 9 6.3
19/7 131 140 9 7.1
19/4 117 125 8 7.2
19/1 108 115 8 7
18/10 97 106 9 8.9
18/7 85 95 10 11.5
18/4 79 84 5 6.1

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

OKTA 売上高 営業CF 同マージン 純利益
16/1 86 -42 -49% -76
17/1 161 -42 -26% -75
18/1 257 -25 -10% -110
19/1 399 15 4% -125
20/1 586 56 10% -209

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

OKTA SG(%) EPS DSO
16/1 110% -4.28 76.7
17/1 87% -3.94 65.5
18/1 60% -1.32 60.9
19/1 55% -1.17 65.9
20/1 47% -1.78 69.1

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

OKTA 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
16/1 150 103 47 31%
17/1 131 146 -16 -12%
18/1 399 200 199 50%
19/1 984 732 252 29%
20/1 1955 1550 405 21%

ROAとROEなど

OKTA ROA ROE 流動比率
16/1 -51% -162% 145%
17/1 -57% 469% 69%
18/1 -28% -55% 169%
19/1 -14% -50% 126%
20/1 -11% -52% 292%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

OKTA 営業CF 投資CF 財務CF
16/1 -42 1 77
17/1 -42 7 0
18/1 -25 -100 237
19/1 15 -197 358
20/1 56 -688 853