Hans / Pixabay

全投稿記事 生活必需品 米国株 高配当銘柄

【PM】フィリップモリスの株価と決算、配当

更新日:

フィリップ・モリス・インターナショナル(Philip Morris International Inc.)は世界最大のタバコ会社です。

持株会社なので、 子会社を通じて各種紙巻きタバコやタバコ製品のライセンス供与、 製造・販売・流通などを手がけています。

タバコの世界トップ15ブランドのうち6種(マルボロ、L&M、フィリップモリス、ラーク、パーラメント等)を保有しており、世界各地に幅広く事業展開。

地域別売上高は以下の通り(2017年12月末)。

  • アジア:37.5%
  • EU:28.9%
  • 東欧・中東・アフリカ:23.3%
  • 南米・カナダ:10.2%

【PM】フィリップモリスの株価推移

スポンサーリンク

まず、フィリップモリスの株価をロイター通信社のサイトで見てみます。

17年後半以降は株価が下がっています。

2018年は2月から5月にかけて株価が下がりました。

筆者は5月末頃が底値と見て、1000ドル程度、PM株を買ってみたのですが、その後、株価はもう一段下がりました。

その後、株価が回復したので、ホッと胸をなでおろしたところです。

18年に底値を打つとは思うのですが、その予測はなかなか難しいものだと痛感しています。

【PM】フィリップモリスの指標

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/8/5閲覧)。

  • 株価52週レンジ:76.21~119.43
  • 1年トータルリターン:-20.86%
  • 年初来リターン:-17.8%
  • 株価収益率(PER):16.86
  • 1年1株当り利益 (EPS) :5.15
  • 時価総額:1349億9300万ドル
  • 発行済株式数:15億5500万株
  • 株価売上高倍率(PSR):4.44
  • 直近配当利回り(税込):5.25%

【PM】フィリップモリスの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

(売上、利益、資産、資本、負債、キャッシュフロー=CFの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『米国株四半期速報』、フィリップモリス決算など)

4半期決算と配当:2016/12~2018/6

売上高 純利益 EPS 配当
2016/12 19189 1711 1.1 1.04
2017/3 16556 1590 1.02 1.04
2017/6 19319 1781 1.14 1.04
2017/9 20638 1970 1.27 1.07
2017/12 21585 694 0.45 1.07
2018/3 18426 1556 1 1.07
2018/6 21100 2198 1.41 1.07

※ここでいう「売上高」は”Revenues including Excise Taxes”

通年決算:2009~2017年

売上高 営業利益 純利益 EPS
2009/12 62080 10046 6342 3.24
2010/12 67713 11208 7259 3.92
2011/12 76346 13342 8591 4.85
2012/12 77393 13863 8800 5.17
2013/12 80029 13515 8576 5.26
2014/12 80106 11702 7493 4.76
2015/12 73908 10623 6873 4.42
2016/12 74953 10815 6967 4.48
2017/12 78098 11503 6035 3.88

配当余力など:2009~2017年

営業CF フリーCF 配当性向 配当
2009/12 7884 7169 69.1 2.24
2010/12 9437 8724 62.2 2.44
2011/12 10529 9632 57 2.82
2012/12 9421 8365 62.7 3.24
2013/12 10135 8935 66.2 3.58
2014/12 7739 6586 76.8 3.88
2015/12 7865 6905 86.5 4.04
2016/12 8077 6905 98.1 4.12
2017/12 8912 7364 92.5 4.22

財務上のデータも見てみます(自己資本比率以外の単位は百万ドル)。

財務情報:2013~2017年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
2013/12 38168 45934 -7766 -20.3%
2014/12 35187 47816 -12629 -35.9%
2015/12 33956 47200 -13244 -39.0%
2016/12 36851 49539 -12688 -34.4%
2017/12 42968 55054 -12086 -28.1%

さらに、流動資産と流動負債の比率などを見てみます。

流動資産 流動負債 非流動資産 非流動負債
2013/12 16852 17066 21316 28868
2014/12 15484 15112 19703 32704
2015/12 15804 15386 18152 31814
2016/12 17608 16467 19243 33072
2017/12 21594 15962 21374 39092

自己資本率は-30%前後ですが、流動比率はプラスマイナスが均衡するぐらいの値が続いています。

キャッシュフロー:2009~2017年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2009/12 7884 -1032 -8338 7169
2010/12 9437 -710 -8578 8724
2011/12 10529 -1098 -6911 9632
2012/12 9421 -992 -8100 8365
2013/12 10135 -2680 -8215 8935
2014/12 7739 -996 -6839 6586
2015/12 7865 -708 -4736 6905
2016/12 8077 -968 -5413 6905
2017/12 8912 -3014 -2769 7364

バランスシートはわりとマイナスが目につきますが、CFは良好な値で推移しています。

配当余力が尽きることはなさそうです。

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 生活必需品, 米国株, 高配当銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.