【SQ】スクエアの株価と決算

2020年7月13日

広告

スクエア(Square, Inc.)はTWTR(ツィッター)CEOのジャック・ドーシー氏が創業したモバイル決済サービス企業です。

スクエアはスマートフォンやタブレットでの決済業務を可能にするためのツールを提供しています。

具体的には小型ICカードリーダーをタブレット(アイパッド等)に差してPOSレジの決済を可能にする「スクエア・スタンド」、スマホやタブレットでカード決済を行う「スクエア・リーダー」などです。

つまり、販売代金のカード決済を可能にするハードウエアやソフトウエアを小売事業者などに提供しており、販売者支援の各種サブスクリプション・サービスも手がけています。

そのほか、個人間の送金を可能にする「スクエア・キャッシュ」はビットコインの購入も可能になりました。

【収益源の比率】

年/月 18/12 19/12
トランザクション 74.9% 65.4%
サブスク&サービス 18.0% 21.9%
ビットコイン 5.1% 10.9%
ハードウェア 2.1% 1.8%

この記事では、フィンテック系の新興企業として注目を集めるスクエアのデータを見ていきます。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回り〔税込み〕のみブルームバーグ)

1/2株価 63
7/10株価 128.1
株価上昇率 103.25%
52週高値 133.8
52週安値 32.3
β値 2.69
EPS 0.46
PER 277.65
配当利回り
時価総額(億$) 563
株式数(億) 3.6

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は7/10株価)
SQ 初値 終値 上昇率
2020 63 128.1 103%
2019 54.1 62.6 16%
2018 34.7 56.1 62%
2017 13.8 34.7 151%
2016 12.8 13.6 6%
2015 11.2 13.1 17%
★2:各年初から20/7/10までの伸び率
20年~ 19年~ 18年~ 17年~
103% 137% 269% 828%
16年~ 15年~ 14年~ 13年~
900% 1043%

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 7/12 1月前 2月前
Y:2021 0.95 0.93 0.98
Y:2020 0.28 0.26 0.53
Q:Sep-20 0.12 0.12 0.15
Q:Jun-20 -0.05 -0.06 0.05
EPS 予想 結果
20/3 0.13 -0.02 -0.15 -115.4
19/12 0.21 0.23 0.02 9.5
19/9 0.2 0.25 0.05 25.0
19/6 0.17 0.21 0.04 23.5
19/3 0.08 0.11 0.03 37.5
18/12 0.13 0.14 0.01 7.7
18/9 0.11 0.13 0.02 18.2
18/6 0.11 0.13 0.02 18.2
18/3 0.06 0.06 0 8.5

売上高:予想と結果

予想 7/12 1月前 2月前
Y:2021 6640 6590
Y:2020 5290 5250
Q:Sep-20 1310 1290
Q:Jun-20 1130 1110
予想 結果
20/3 1300 1380 80 6.2
19/12 1310
19/9 597 602 5 0.8
19/6 557 563 6 1.1
19/3 478 489 11 2.3
18/12 454 464 10 2.2
18/9 414 431 17 4.1
18/6 368 385 18 4.9
18/3 293 307 14 4.8

ガイダンス(19Q4/通年)

19Q3決算での発表によれば、19年第4四半期と19年通年決算のガイダンスは以下の通り。※M=100万$

  19Q4 19通年
総収入 1160~1180M 4560~4580M
調整済総収入 585~595M 2240~2250M
粗利 502~512M 1865~1875M
税引前利益 112~117M 410~415M
EPS($) -0.01~0.01 -0.04~-0.02
調整済EPS($) 0.19~0.21 0.76~0.78

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

SQ 売上高 営業CF 同マージン 純利益
13/12 552 -61 -11% -104
14/12 850 -112 -13% -154
15/12 1267 21 2% -212
16/12 1709 23 1% -172
17/12 2214 128 6% -63
18/12 3298 295 9% -38
19/12 4714 466 10% 375

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや売上高成長率など

SQ SG(%) EPS DSO
13/12 172% -0.82 44.4
14/12 54% -1.08 39.6
15/12 49% -1.24 38.1
16/12 35% -0.5 50.7
17/12 30% -0.17 78.8
18/12 49% -0.09 56.2
19/12 43% 0.81 39.1

※「SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

SQ 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
13/12 318 156 162 51%
14/12 542 268 274 51%
15/12 895 387 508 57%
16/12 1211 635 576 48%
17/12 2187 1401 786 36%
18/12 3281 2161 1121 34%
19/12 4551 2836 1715 38%

ROAとROEなど

SQ ROA ROE 流動比率
13/12 -33% -64% 195%
14/12 -28% -56% 215%
15/12 -24% -42% 211%
16/12 -14% -30% 173%
17/12 -3% -8% 183%
18/12 -1% -3% 207%
19/12 8% 22% 190%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

SQ 営業CF 投資CF 財務CF
13/12 -61 -11 19
14/12 -112 -25 194
15/12 21 -43 265
16/12 23 -114 91
17/12 128 -341 455
18/12 295 -906 516
19/12 466 95 -99