【UBER/LYFT】ウーバーとリフトを比較する

通信,銘柄比較

ライドシェアリング企業を比較してみます。

UBER(ウーバーテクノロジーズ)は、予約や決済を可能にするアプリを用いて配車サービス事業を展開しています。

ライドシェアリングを中心に、飲食品デリバリー(ウーバーイーツ)、宅配サービス、自動運転等に業務を拡大してきました。

LYFT(リフト)もまた、ライドシェアリング企業です。

北米でオンラインのライドシェアリングサービスを展開しています(バイクシェアリングも手がける)。

ライドシェア事業の形態はUBERと似ていますが、LYFTのほうが利用者にとって料金が安めで、ドライバーがややフレンドリーだともいわれています。

両社の違いを述べると、その第一は、LYFTがライドシェアリングに業務を集中しているのに対して、UBERは関連業務への拡大を重視していることです。

第二は、UBERが世界各地で事業を展開しているのに対して、LYFTは米国に特化して事業を展開しているということです。

要するに、拡散型がUBER、集中型がLYFTです。

そうした前提を踏まえて、この2社の株価と決算、業績などを比較してみます(グラフをクリックすると、リンクでUBERやLYFTのページに飛びます)。

UBERは新型肺炎のパンデミック後、ウーバーイーツに力を入れ、売上減をカバーしてきました。

しかし、LYFTはライドシェアに特化しているので、そうした手法を取れませんでした。

その後、ワクチンの普及で業績回復が期待されましたが、今度は「ライドシェアを行うドライバーを従業員扱いすべきだ」という主張が連邦政府の側から出てきて、この問題が再燃しました。

カリフォルニア州でこれが問われた後、UBERやLYFTはドライバーを個人事業主扱いすることで切り抜けてきたのですが、今後、この問題が再燃し、今後、どちらになるのかが問われます。

従業員化が義務となれば、UBERとLYFTの人件費が上がるので、両社の黒字化はさらに遠のくわけです。

過去~現在株価

※左目盛り:株価推移はUBER/LYFT、XLC(コミュニケーションセレクトセクターSPDRファンド)を比較(最大20分ディレイ)。

※右目盛り:10年国債利回り

※主要指標の単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル


四半期決算 予想:結果

さらに、マーケットにおけるEPSと売上の予想値の変動を整理してみます。
(※Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄には1カ月前、2か月前の予想値を記載)。

EPS:予想と結果

予想 UBER LYFT
11/6 1月前 11/6 1月前
2023 -0.13 -0.11 0.96 0.99
2022 -4.78 -4.67 0.4 0.41
Q:23/3 -0.12 -0.13 0.12 0.13
Q:22/12 -0.19 -0.22 0.07 0.08

graph

graph

21年Q4のAMZN決算には21年11月にIPOされたRIVN(リビアン *EVを手がける)の株式評価益が反映されているため、額面通りに比較できません。

売上高:予想と結果

予想 UBER LYFT
11/6 1月前 11/6 1月前
2023 36750 37540 4940 5000
2022 31550 31480 4080 4090
Q:23/3 8600 1170 1170
Q:22/12 8480 8610 1060 1060

graph

graph


業績:通期決算実績

通期の売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの詳細を見てみます(単位は百万ドル)

graph

graph

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

バランスシート

graph

graph

キャッシュフロー

graph

graph