【UBER対LYFT】ウーバーとリフトの株価と決算

2020年9月25日

広告

ライドシェアリング企業を比較してみます。

広告

【UBER】ウーバーテクノロジー

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)は予約や決済を可能にするアプリを用いる配車サービス企業です。

乗客数や車種に応じたライドシェアリング(UberBLACK、UberX、UberPOOLなど)を中心に、飲食品デリバリー(ウーバーイーツ)、患者の病院送迎サービス、貨物の輸送、宅配サービス等に業務を拡大しています。

【LYFT】リフト

リフト(Lyft, Inc.)はライドシェアリング企業です。

北米においてオンラインのライドシェアリングサービスを展開しています(バイクシェアリングも手がける)。

アプリ上で多様な乗車プランを提供し、顧客とドライバーをマッチングさせ、乗車予約と運送の手配、決済、サービスの評価が可能な体制を整えています。

※リフトはライドシェアリングに業務を集中。ウーバーは関連業務への拡大を重視する傾向がある

UBER LYFT
1/2株価 41.5 87.3
9/24株価 33.4 26.8
株価上昇率 -19.64% -69.34%
52週高値 41.9 54.5
52週安値 13.7 14.6
β値 N/A N/A
EPS -4.03 -5.48
PER N/A N/A
配当利回り
時価総額(億$) 584 84
株式数(億) 17.5 3

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(赤点線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

UBERの株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は9/24株価)
UBER 初値 終値 上昇率
2020 41.5 33.4 -20%
2019 41.5 29.7 -28%

LYFTの株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※20年終値は9/24株価)
LYFT 初値 終値 上昇率
2020 87.3 26.8 -69%
2019 87.3 43 -51%

各年初からの伸び率比較

UBERとLYFTについて、各年初から直近までの伸び率を比較しました

★2:各年初から20/9/24までの伸び率
UBER LYFT
2020 -20% -69%
2019 -20% -69%

四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS来期予想:年間と四半期

予想 UBER LYFT
9/5 1月前 9/5 1月前
Y:2021 -1.64 -1.6 -1.39 -0.79
Y:2020 -3.85 -3.64 -2.75 -2.33
Q:20/12 -0.52 -0.52 -0.67 -0.42
Q:20/9 -0.65 -0.66 -0.92 -0.59

EPS:予想と結果【UBER】

EPS 予想 結果
20/6 -0.86 -1.02 -0.16 -18.6
20/3 -0.88 -1.7 -0.82 -93.2
19/12 -0.67 -0.64 0.03 4.5
19/9 -0.81 -0.68 0.13 16.0
19/6 -3.19 -4.72 -1.53 -48.0
19/3 -2.26 -2.23 0.03 1.3

EPS:予想と結果【LYFT】

EPS 予想 結果
20/6 -1 -0.86 0.14 14.0
20/3 -0.63 -0.32 0.31 49.2
19/12 -1.38 -1.19 0.19 13.8
19/9 -1.66 -1.57 0.09 5.4
19/6 -1.56 -0.68 0.88 56.4
19/3 -1.81 -9.02 -7.29 -402.8

売上高来期予想:年間と四半期

予想 UBER LYFT
9/5 1月前 9/5 1月前
Y:2021 17890 18330 3670 4090
Y:2020 12880 12840 2490 2680
Q:20/12 3890 3980 681
Q:20/9 3210 3160 506 607

売上高:予想と結果【UBER】

売上 予想 結果
20/6 2080 2241 161 7.7
20/3 3530 3543 13 0.4
19/12 4100 4069 -31 -0.8
19/9 3746 3813 67 1.8
19/6 3407 3455 48 1.4
19/3 3074 3099 25 0.8

売上高:予想と結果【LYFT】

売上 予想 結果
20/6 339 339 0 0.0
20/3 882 956 74 8.4
19/12 984 1017 33 3.3
19/9 919 956 37 4.0
19/6 809 867 58 7.2
19/3 744 776 32 4.3


決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

【UBER】

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

UBER 売上高 営業CF 同マージン 純利益
17/12 7932 -1418 -18% -4033
18/12 11270 -1541 -14% 997
19/12 14147 -4321 -31% -8506

【LYFT】

LYFT 売上高 営業CF 同マージン 純利益
17/12 1060 -394 -37% -688
18/12 2157 -281 -13% -911
19/12 3616 -106 -3% -2602

EPSや売上成長率など

UBER SG(%) EPS DSO
17/12 106% -9.46 34.0
18/12 42% 2.08 26.9
19/12 26% -6.81 27.5
LYFT SG(%) EPS DSO
17/12 209% -35.53 ?
18/12 103% -43.04 ?
19/12 68% -11.44 ?

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

【UBER】

UBER 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
17/12 15426 23983 -8557 -55%
18/12 23988 31373 -7385 -31%
19/12 31761 16889 14872 47%

【LYFT】

LYFT 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
17/12 3017 4996 -1979 -66%
18/12 3760 6631 -2871 -76%
19/12 5691 2837 2854 50%

ROEとROA

UBER ROA ROE 流動比率
17/12 -26% 47% 178%
18/12 4% -14% 203%
19/12 -27% -57% 247%
LYFT ROA ROE 流動比率
17/12 -23% 35% 368%
18/12 -24% 32% 122%
19/12 -46% -91% 132%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

【UBER】

UBER 売上高 営業CF 同マージン 純利益
17/12 7932 -1418 -18% -4033
18/12 11270 -1541 -14% 997
19/12 14147 -4321 -31% -8506

【LYFT】

LYFT 売上高 営業CF 同マージン 純利益
17/12 1060 -394 -37% -688
18/12 2157 -281 -13% -911
19/12 3616 -106 -3% -2602