テレビ

5187396 / Pixabay

一般消費財 全投稿記事 米国株 高成長銘柄

【CMCSA】コムキャストの株価と決算、配当

更新日:

コムキャスト(Comcast Corporation)はケーブルテレビの最大手で、高速インターネットなどもてがけています。

XFINITYプランドでのテレビ・ドラマ配信や、ネット接続・音声通話サービスによるケーブル通信とNBCユニバーサルが柱になっています(売上の9割は米国)。

NBCユニバーサル、「ユニバーサル・ピクチャーズ」の映画製作、テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ」の運営も行っており、業容は拡大。

2002年、AT&T(T)から同社傘下のケーブルテレビ「AT&Tブロードバンド」を買収しました。17年4月には、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の完全子会社化を進めています。

この銘柄の最近の指標と株価チャートを見ていきましょう。

コムキャストの指標

スポンサーリンク

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

  • 1/2株価 : 40.39
  • 10/12株価 : 34.62
  • 年初からの上昇率 : -14.3%
  • 52週高値 : 44
  • 52週安値 : 30.43
  • EPS : 5.08
  • PER(株価収益率) : 6.81
  • 配当利回り : 2.26%
  • 配当成長率(5年比) : 14.15%
  • 時価総額(億$) : 1586
  • 株式数(億) : 45.7

コムキャストの株価推移

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

右肩上がりですが、18年の株価は調整局面に入ってきているのかもしれません。

さらに、年ごとに株価の伸び率を見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は10/12)
CMCSA 初値 最安 最高 終値 上昇率
2018 40.4 30.6 43.0 34.6 -14.3%
2017 34.8 34.5 42.0 40.1 15.1%
2016 27.6 26.8 35.5 34.5 25.1%
2015 29.0 26.6 32.3 28.2 -2.7%
2014 25.9 24.0 29.4 29.0 12.0%
2013 19.1 19.0 26.0 26.0 36.0%
2012 12.1 12.3 19.1 18.7 54.4%
2011 11.1 9.9 13.3 11.9 6.8%
2010 8.4 7.6 11.1 11.0 30.8%
2009 8.4 5.6 9.0 8.4 0.4%
2008 9.2 6.5 11.4 8.4 -8.3%
★2:各年初から2018/10/12までの伸び率
18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~ 13年~
-14% -1% 25% 19% 34% 81%
12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~ -
186% 212% 312% 312% 276% -

コムキャストの決算と配当

最後に決算の数字を見てみます。

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフローの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四季報』とコムキャスト決算

四半期決算と配当:2015~2018年

売上高 純利益 EPS 配当
2015/3 17853 2059 0.81 0.25
2015/6 18743 2137 0.84 0.25
2015/9 18669 1996 0.8 0.25
2015/12 19245 1971 0.79 0.25
2016/3 18790 2134 0.87 0.275
2016/6 19269 2028 0.41 0.275
2016/9 21319 2237 0.47 0.275
2016/12 21025 2296 0.48 0.275
2017/3 20463 2566 0.54 0.1575
2017/6 21165 2513 0.53 0.1575
2017/9 20983 2650 0.56 0.1575
2017/12 21915 14985 3.17 0.1575
2018/3 22791 3118 0.66 0.19
2018/6 21735 3216 0.69 0.19

17年最後の四半期は異常によい結果でした。

ブルームバーグの記事(2018年1月25日)では、その要因について「CATV契約者数が3四半期連続で減少したものの、高速インターネットサービスの契約者数がより大幅に増加したのが背景。CATVは解約してもネットはまだ必要という顧客の事情に支えられたようだ」(「コムキャスト:10-12月決算は予想上回る、インターネット契約者増加」)と述べていますが、今一つ、解せません。

「10-12月には高速インターネットサービスの契約者数が35万人増加。一方、CATV契約者数は3万3000人減少(前年同期は8万人増)した」とも述べていますが、この差額が好業績の理由なのでしょうか。

通年決算:2008~2017年

売上高 営業利益 純利益 EPS
2008/12 34423 6732 2547 0.43
2009/12 35756 7214 3638 0.63
2010/12 37937 7980 3635 0.65
2011/12 55842 10721 4160 0.75
2012/12 62570 12179 6203 1.14
2013/12 64657 13563 6816 1.28
2014/12 68775 14904 8380 1.6
2015/12 74510 15998 8163 1.62
2016/12 80403 16859 8695 1.78
2017/12 84526 17987 22714 4.75

配当余力:2008~2017年

営業CF フリーCF 配当性向 配当
2008/12 10231 3954 29.1 0.13
2009/12 10281 4642 23.6 0.15
2010/12 11179 5682 29.3 0.19
2011/12 14345 8084 31.1 0.23
2012/12 14854 8217 28.5 0.33
2013/12 14160 6555 31.1 0.39
2014/12 16945 8403 27.3 0.45
2015/12 18778 8909 30.5 0.5
2016/12 19240 8419 31.5 0.55

利益率など:2008~2017年

粗利率 営業利益率 ROA ROE
2008/12 60.4 19.6 2.25 6.23
2009/12 59.8 20.2 3.22 8.75
2010/12 77.5 21 3.14 8.35
2011/12 70.3 19.2 3.01 9.08
2012/12 68.1 19.5 3.84 12.84
2013/12 69.6 21 4.21 13.63
2014/12 69.6 21.7 5.27 16.21
2015/12 69.7 21.5 5.01 15.55
2016/12 69.6 21 5.01 16.37
2017/12 70 21.3 12.36 37.07

最後にキャッシュフロー等の財務情報を見てみます。

財務情報:2013~2017年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
2013/12 158813 108119 50694 31.9%
2014/12 159339 106628 52711 33.1%
2015/12 166574 114305 52269 31.4%
2016/12 180500 126557 53943 29.9%
2017/12 186949 118343 68606 36.7%

自己資本率は3割程度。流動資産と流動負債などの比率も見てみます。

流動資産 流動負債 非流動資産 非流動負債
2013/12 14075 18912 144738 89207
2014/12 13531 17410 145808 89218
2015/12 12303 18178 154271 96127
2016/12 16361 21535 164139 105022
2017/12 16060 21561 170889 96782

キャッシュフロー:2013~2017年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013/12 14160 -9514 -13879 6555
2014/12 16945 -8733 -6020 8403
2015/12 18778 -11964 -8429 8909
2016/12 19240 -18385 151 8419
2017/12 21403 -13704 -7572 10106

【スポンサードリンク】

-一般消費財, 全投稿記事, 米国株, 高成長銘柄

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.