geralt / Pixabay

中成長・中配当 全投稿記事 情報技術 米国株

【AMAT】アプライドマテリアルズの株価と決算、配当

更新日:

アプライドマテリアルズは半導体製造装置を扱う大手企業です。

世界各国の半導体メーカーに半導体ウエハー製造装置とそれに関連した部品の開発・製造・販売を行っています(アプライドマテリアルズのグローバルサービスも売上の2割を占めている)。

半導体装置以外では、大型ガラス基板用の薄膜装置、太陽電池の製造装置を生産しており、半導体、ディスプレー、太陽電池関連のメーカーに自動化ソフトウエア・ソリューションも提供しています。

生産拠点は米国、中国、 イスラエル、シンガポール、ドイツ、台湾などにあり、欧州、北米、アジアに販売と顧客サポートの拠点を構えています。

2011 年にはバリアン・セミコンダクターを買収。

2013年には東京エレクトロンとの経営統合での合意がなされたものの、15年には撤回されました。

その事業を部門別で見ると、以下の売上比率になります(:17年8月期の売上比率)。

  • 半導体システム:65.5%
  • アプライドグローバルサービス:20.8%
  • ディスプレーと周辺市場:13.1%

地域別に売上比率を見ると、アジアが8割以上を占めています。

  • 韓国:27.9%
  • 台湾:22.6%
  • 中国:18.9%
  • 日本:10.4%
  • 東南アジア:4.4%

米国は10.1%、欧州は5.6%程度です。

【AMAT】アプライドマテリアルズの指標

スポンサーリンク

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

1/2株価 51.7
11/16株価 35.4
株価上昇率 -31.50%
52週高値 62.4
52週安値 30.5
EPS 3.17
PER 11.17
配当(利回り) 0.80 (2.26%)
時価総額(億$) 348
株式数(億) 9.8

【AMAT】アプライドマテリアルズの株価推移

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は11/16)
AMAT 初値 最安 最高 終値 上昇率
2018 51.7 31.1 61.6 35.4 -32%
2017 32.4 31.9 58.8 51.1 58%
2016 18.3 15.6 33.1 32.3 76%
2015 25 14.4 25.6 18.7 -25%
2014 17.6 16.7 25.4 24.9 42%
2013 11.6 11.5 18.1 17.7 52%
2012 10.9 10 13.2 11.4 5%
2011 14.2 9.9 16.9 10.7 -25%
2010 14 10.4 14.9 14.1 0%
2009 10.1 8.3 14.1 13.9 38%
2008 17.7 8.1 21.5 10.1 -43%
★2:各年初から2018/11/16までの伸び率
18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~ 13年~
-32% 9% 93% 42% 101% 205%
12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~ -
225% 149% 153% 250% 100% -

【AMAT】アプライドマテリアルズの配当

10年ほどの配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

  • EPS=1株当たり配当。
  • 配当性向=1株当たり配当÷EPS×100(純利益から配当金を支払っている割合)。
  • MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。
  • GAAP基準のEPS試算(=単純計算)の箇所は筆者挿入。
  • TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値。
年/月 EPS 配当 配当性向
(GAAP) 単純計算 MS試算
2008/10 0.7 0.24 34.3
2009/10 -0.23 0.24 マイナス値
2010/10 0.7 0.26 37.1 55.6
2011/10 1.45 0.3 20.7 20.7
2012/10 0.09 0.34 377.8 377.8
2013/10 0.21 0.38 181.0
2014/10 0.87 0.4 46.0 49.4
2015/10 1.12 0.4 35.7 38.1
2016/10 1.54 0.4 26.0 31.5
2017/10 3.17 0.4 12.6 14.2
TTM 3.26 0.5 15.3 15.3

さらに、四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日 1株配当 配当利回り 当日株価
2018/11/23 0.2 #N/A #N/A
2018/08/23 0.2 1.4% 42.79
2018/05/24 0.2 1.0% 50.77
2018/02/21 0.1 0.7% 56.13
2017/11/24 0.1 0.7% 57.91
2017/08/24 0.1 0.9% 43.72
2017/05/25 0.1 0.9% 45.02
2017/02/22 0.1 1.1% 36.51
2016/11/25 0.1 1.3% 31.88
2016/08/25 0.1 1.3% 29.65
2016/05/26 0.1 1.7% 23.73
2016/02/25 0.1 2.1% 18.89

【AMAT】アプライドマテリアルズの決算

最後に決算の数字を見てみます。

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフロー〔=CF〕などの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『米国株四半期速報』やアプライドマテリアルズ決算など)

四半期決算:2015~2018年

売上高 営業利益 純利益 EPS
4-2015 2442 416 364 0.29
7-2015 2490 396 329 0.27
10-2015 2368 423 336 0.28
1-2016 2257 354 286 0.25
4-2016 2450 425 320 0.29
7-2016 2821 596 505 0.46
10-2016 3297 777 610 0.56
1-2017 3278 807 703 0.65
4-2017 3546 940 824 0.76
7-2017 3744 1023 925 0.85
10-2017 3969 1098 982 0.91
1-2018 4204 1196 135 0.13
4-2018 4567 1327 1129 1.09
7-2018 4468 1257 1173 1.17

通年決算:2008~2017年

売上高 営業CF 同マージン 純利益
10-2008 8129 1710 21.0% 961
10-2009 5014 333 6.6% -305
10-2010 9549 1723 18.0% 938
10-2011 10517 2429 23.1% 1926
10-2012 8719 1851 21.2% 109
10-2013 7509 623 8.3% 256
10-2014 9072 1800 19.8% 1072
10-2015 9659 1163 12.0% 1377
10-2016 10825 2466 22.8% 1721
10-2017 14537 3609 24.8% 3434

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSなど:2008~2017年

営業利益率 EPS DSO
2008/10 16.9 0.7 84.0
2009/10 -4.7 -0.23 99.5
2010/10 17.1 0.7 54.9
2011/10 22.3 1.45 58.4
2012/10 11.5 0.09 57.6
2013/10 10.2 0.21 69.3
2014/10 16.8 0.87 66.5
2015/10 16.8 1.12 64.4
2016/10 19.9 1.54 67.7
2017/10 26.6 3.17 58.0
TTM 28.4 3.26 54.5

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。上記TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値。

財務情報:2008~2017年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
10-2008 11006 3457 7549 68.6%
10-2009 9574 2480 7095 74.1%
10-2010 10943 3407 7536 68.9%
10-2011 13861 5061 8800 63.5%
10-2012 12102 4867 7235 59.8%
10-2013 12043 4955 7088 58.9%
10-2014 13174 5306 7868 59.7%
10-2015 15308 7695 7613 49.7%
10-2016 14570 7353 7217 49.5%
10-2017 19419 10070 9349 48.1%

さらに、重要指標を見てみます。

ROAとROEなど:2008~2017年

  • ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業がどれだけの利益を上げたかを見る
  • ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業がどれだけの利益を上げたかを見る
  • 流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)
  • TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値
ROA ROE 流動比率
単位 倍率
2008/10 8.9 12.6 2.3
2009/10 -3.0 -4.2 2.9
2010/10 9.1 12.8 2.3
2011/10 15.5 23.6 3.7
2012/10 0.8 1.4 2.3
2013/10 2.1 3.6 2.3
2014/10 8.5 14.3 2.5
2015/10 9.7 17.8 2.4
2016/10 11.5 23.2 2.3
2017/10 20.2 41.5 3.1
TTM 18.5 44.0 2.5

キャッシュフロー:2008~2017年

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
10-2008 1710 -76 -1426 1423
10-2009 333 112 -281 84
10-2010 1723 -862 -576 1554
10-2011 2429 707 960 2220
10-2012 1851 -4660 -1754 1689
10-2013 623 215 -519 426
10-2014 1800 -161 -348 1559
10-2015 1163 -281 913 948
10-2016 2466 -425 -3432 2213
10-2017 3609 -2526 521 3264

【スポンサードリンク】

-中成長・中配当, 全投稿記事, 情報技術, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.