【AMZN/BABA】アマゾンとアリババを比較する

AI,消費財,銘柄比較,高成長銘柄

2020年以降、巣ごもり消費が広がり、米国のAMZN、中国のBABA等のEコマース企業は大きく事業を拡大しました。しかし、2021年以降、その成長もピーク感が出てきました。

事業を概観すると、AMZNの売上はオンラインストアとサードパーティのEコマースが7割、AWSが1割程度ですが、AWSの利益率は高く、この部門がAMZNのもう一つの柱となっています。

一方、BABAの売上(20年12月時点)はEコマースが85%、クラウドが8%。そして、決済を担うアリペイに力を注いでいます。

アントフィナンシャルの上場に挑戦したように、Eコマースとフィンテックとの連結を重視しているのがBABAの特徴です。

最近の両社をみると、AMZNは創業者のジェフベゾス氏が経営を後継者に一任し、BABAはアントフィナンシャル上場を図った際にジャックマー氏の発言が中国当局の怒りを買うなど、どちらも経営の大きな節目に差しかかっているようです。

そこで、Eコマースで米中を代表する両雄を比較してみます。事業全般の比較だと、とても収拾がつかないので、この記事ではグラフを用いて、株価と決算、業績などをワンポイントで比較してみます(グラフをクリックすると、リンクでAMZNやBABAのページに飛びます)。

過去~現在株価

※左目盛り:株価推移はAMZN/BABA、XLY(一般消費財セレクトセクターSPDRファンド)を比較(最大20分ディレイ)。

※右目盛り:10年国債利回り

※主要指標の単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル


四半期決算 予想:結果

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。予想値の主な出所は英語版のヤフーファイナンス。)。

EPS:予想と結果

予想 AMZN BABA
10/23 1月前 10/23 1月前
2023 2.28 2.31 8.39 8.53
2022 0.1 0.11 7.17 7.26
Q:22/12 0.39 0.41 2.4 2.45
Q:22/9 0.22 0.22 1.61 1.61

graph

graph

売上高:予想と結果

予想 AMZN BABA
10/23 1月前 10/23 1月前
2023 597750 602060 138070 145570
2022 520810 521900 123690 129730
Q:22/12 155380 156140 35590 37550
Q:22/9 127570 127940 28800 30330

graph

graph


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を比較してみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

graph

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

バランスシート

graph

graph

キャッシュフロー

graph

graph