【AMZN/BABA】アマゾンとアリババを比較する

AI,Eコマース,消費財,銘柄比較,高成長銘柄

2020年以降、巣ごもり消費が広がり、Eコマース企業は大きく事業を拡大しました。その中でも、米国のAMZN、中国のBABAが世界の中で存在感を高めながら競争を続けています。

事業を概観すると、AMZNの売上はオンラインストアとサードパーティのEコマースが7割、AWSが1割程度ですが、AWSの利益率は高く、この部門がAMZNのもう一つの柱となっています。

一方、BABAの売上(20年12月時点)はEコマースが85%、クラウドが8%。そして、決済を担うアリペイに力を注いでいます。

アントフィナンシャルの上場に挑戦したように、Eコマースとフィンテックとの連結を重視しているのがBABAの特徴です。

最近の両社をみると、AMZNは創業者のジェフベゾス氏が経営を後継者に一任し、BABAはアントフィナンシャル上場を図った際にジャックマー氏の発言が中国当局の怒りを買うなど、どちらも経営の大きな節目に差しかかっているようです。

そこで、Eコマースで米中を代表する両雄を比較してみます。事業全般の比較だと、とても収拾がつかないので、この記事ではグラフを用いて、株価と決算、業績などをワンポイントで比較してみます(グラフをクリックすると、リンクでAMZNやBABAのページに飛びます)。

主要指標で比較

AMZN BABA
1/4株価 3270 226.5
9/15株価 3475.8 157.9
株価上昇率 6.29% -30.3%
52週高値 3773.1 319.3
52週安値 2871 152.8
β値 1.14 0.79
EPS 57.38 8.34
PER 60.58 18.93
配当利回り
時価総額(億$) 17603 557
株式数(億) 5.1 27.1

2021年で見ると、AMZNのほうが株価の伸びは好調です。

BABAに関しては、中国当局との関係が悪くなったことが株価に響いているようにも見えます。

しかし、そういった問題とは別に、上記の指標をみるとBABAの株式数はAMZNに比べると多すぎるようです。

後発のBABAの時価総額はAMZNの3割程度なのに、株式数はAMZNの5倍以上もあります。これだと、一株当たりの利益は薄まってしまうので、BABAはAMZNほど投資家が儲けやすい銘柄にはなれないのではないかと思います。

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(赤点線が200日間の移動平均線)。

graph

graph

株価の伸び率を1年ごとに見てみましょう。

株価伸び率

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は9/15株価)
AMZN BABA
2021 6% -30%
2020 74% 7%
2019 26% 58%
2018 28% -22%
2017 54% 94%
2016 14% 12%
2015 116% -22%
2014 -22%
2013 56%
2012 42%
2011 -5%
2010 32%
2009 163%
2008 -46%

2020年、18年、15年はAMZNが伸び率で大幅に勝り、16年は僅差で勝利。ただ、17年と19年はBABAのほうが伸び率が上でした。

2015年~20年で年次の伸び率を比べると、AMZNはBABAに4勝2敗のようです。


各年初からの伸び率比較

各年初から直近までの伸び率を比較しました

★2:各年初から21/9/15までの伸び率
AMZN BABA
2021 6% -30%
2020 85% -27%
2019 137% 18%
2018 197% -11%
2017 359% 77%
2016 430% 102%
2015 1012% 51%
2014 772%
2013 1256%
2012 1870%
2011 1816%
2010 2450%
2009 6702%
2008 3543%

BABAと比較できる2015年初から直近までに見ていくと、AMZNは10倍以上、BABAは2倍以上(16年初からなら3倍程度)なので、AMZNとBABAの差は歴然としています。

そのため、筆者はBABAがAMZNのような華々しい伸び率を刻めるかどうかには懐疑的です。

BABAの株価の推移には、やはり中国市場特有のリスク(米中対立や政府当局の影響力の大きさ等)が影響を与えているように見えて仕方がありません。

「業界内のトップ銘柄に投資しろ。代替銘柄(二番手企業など)はダメだ」と言われることがありますが、AMZNとBABAを比べた時に、そうした指摘を思い出しました。


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。ただ、2019年6月までのデータ出所はロイター)。

EPS:予想と結果

予想 AMZN BABA
9/12 1月前 8/8 1月前
Y:2022 66.78 72.13 11.93 12.07
Y:2021 53.26 55.72 9.7 9.88
Q:21/12 12.7 14.73 2.25 2.32
Q:21/9 9.01 12.94 2.24 2.27

graph

graph

基本的に、両社とも売上を重視すべき企業ですが、AMZNも近年はEPSの伸びが著しくなりました。

ただ、AMZNはEコマースで稼いだお金を投資や未来事業に回すビジネスモデルなので、お金の使い方を絞ればEPSの数字を伸ばせるはずです。

そのため、筆者はAMZNはEPSよりも売上やAWSの業績を重視すべきだと考えています。

売上高:予想と結果

予想 AMZN BABA
9/12 1月前 8/8 1月前
Y:2022 563690 581180 173260 174600
Y:2021 476330 490270 143510 144530
Q:21/12 142970 33140 33420
Q:21/9 111670 118620 32540 33300

graph

graph

どちらも2020年の巣ごもり消費の恩恵を受け、売上高が拡大しました。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を比較してみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

どちらも、Eコマースの売上から現金を獲得し、それを投資に回すビジネスモデルを採用しています。

両社ともに営業CFと投資CFが大きな金額で推移していますが、BABAは自己資本率をAMZNよりも高めにキープしています。

BABAはAMZNよりもアリペイ等の決済部門に力を入れ、フィンテック企業としての可能性を追求しているためなのかもしれません。

損益計算(売上、純利益等)

graph

graph

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

バランスシート

graph

graph

キャッシュフロー

graph

graph