ネットワーク

geralt / Pixabay

ダウ30銘柄 中成長・中配当 全投稿記事 情報技術 米国株

【CSCO】シスコシステムズの株価と決算、配当

更新日:

シスコシステムズ(Cisco Systems)は世界最大のPCネットワーク機器開発会社です。

通信業者や一般企業に向けてルータやスイッチ、ワイヤレスLAN、Web会議アプリケーション、テレプレゼンス(ビデオ会議端末)、音声システム(IP電話)等を製造・提供しています。

2017年7月期データによれば売上構成は製品が74.4%、サービスが25.6%。地域別にみると、米州が約6割、その他が4割)

(市場支配力はルータが約60%、スイッチが約70%なので、なかなかその座を脅かすのは困難です。

最近は成長率の低い従来事業を最適化し、優先分野となるセキュリティ、次世代データセンター、クラウドなどへの投資を拡大しています。

シスコシステムズは、1984年にスタンフォード大でコンピュータオペレーターだったレン・ボサックとサンディ・ラーナーの夫妻により設立されました。

1990年に職を辞した二人の技術者がつくった企業が世界的な規模にまで大発展しました。

この銘柄の株価チャートと最近の指標を見ていきましょう。

主な指標を概観

スポンサーリンク

まず、CSCOを主要指標のデータで見てみます(出所はグーグルファイナンス)。

1/2株価38.7
12/7株価46.4
株価上昇率20.0%
52週高値49.5
52週安値37.3
EPS0.33
PER142.25
配当(利回り)1.32 (2.73%)
時価総額(億$)2111
株式数(億)45.0

株価推移(チャートと伸び率)

次に、近年の株価を見てみます。

青線が株価推移。オレンジ線が200日間の移動平均線です。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は12/6)
CSCO初値最安最高終値上昇率
201838.738.849.148.425%
201730.43038.738.326%
201626.422.531.930.214%
201527.924.630.227.2-3%
201422.321.428.527.825%
201320.120.226.422.412%
201218.515.121.219.76%
201120.513.722.118.1-12%
20102419.127.620.2-16%
200916.313.624.423.947%
20082714.527.516.3-40%
★2:各年初から2018/12/6までの伸び率
18年~17年~16年~15年~14年~13年~
25%59%83%73%117%141%
12年~11年~10年~09年~08年~-
162%136%102%197%79%-

配当利回りと配当性向

株価の次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月EPS配当配当性向
(GAAP)単純計算MS試算
2011/71.170.1210.34.7
2012/71.490.2818.818.8
2013/71.860.6233.329.4
2014/71.490.7248.347.3
2015/71.750.845.745.4
2016/72.110.9444.544.1
2017/71.91.157.954.3
2018/70.021.24

さらに、四半期ごとの配当も見てみます。

権利落ち日1株配当($)配当利回り当日株価
2018/10/050.332.7%48.1
2018/07/060.332.9%42.71
2018/04/050.332.9%41.82
2018/01/050.292.9%39.53
2017/10/050.293.4%33.59
2017/07/070.293.6%30.9
2017/04/060.293.2%33.08
2017/01/060.263.4%30.23
2016/10/050.263.1%31.59
2016/07/070.263.3%28.74
2016/04/060.263.2%28
2016/01/060.213.2%26.01

四半期決算(予想と実値)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

売上予想平均上限下限期間
2020531575529451858通年
2019515485250550728通年
2018492564934949180通年
3-191323813844128944半期
12-181276612863126944半期
売上予想結果
9-1812863130722091.62
6-181276612844780.61
3-181243412463290.23
12-171180811887790.67
9-171211012136260.21
EPS予想平均上限下限期間
20203.323.803.14通年
20193.043.472.86通年
20182.592.612.57通年
3-190.810.920.774半期
12-180.690.700.684半期
EPS予想結果
9-180.720.750.034.57
6-180.690.700.011.92
3-180.650.660.011.46
12-170.590.630.046.71
9-170.600.610.011.65

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした。

売上高純利益EPS配当
2015/41213724370.470.21
2015/71284323190.450.21
2015/101268224300.480.21
2016/11192731470.620.21
2016/41200023490.460.26
2016/71263828130.560.26
2016/101235223220.460.26
2017/11158023480.470.26
2017/41194025150.50.29
2017/71213324240.480.29
2017/101213623940.480.29
2018/111887-8778-1.780.29
2018/41246326910.560.33
2018/71284438030.810.33

まるでマラソンのように一定のペースで売り上げと利益を叩き出しています。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます。

(売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源はモーニングスターHP、亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四季報』とシスコシステムズ決算など)

損益計算(売上、純利益等)

売上高営業利益純利益EPS
2008/739540944580521.31
2009/736117738561341.05
2010/740040916477671.33
2011/743218847364901.17
2012/7460611036980411.49
2013/7486071130199831.86
2014/747142976378531.49
2015/7491611125489811.75
2016/74924712928107392.11
2017/7480051197396091.9
2018/749330123091100.02

※18年の通年純利益の減少は税額支払いの調整が原因。Provision for (benefit from) income taxesが2678〔17年〕→12929〔18年〕となり、利益が減った。

EPSや営業利益率など

営業利益率EPSDSO
2009/720.51.135.4
2010/722.91.337.0
2011/719.61.240.7
2012/722.51.535.9
2013/723.31.936.9
2014/720.71.541.1
2015/722.91.839.0
2016/726.32.141.5
2017/726.51.941.8
2018/725.70.0239.6

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。上記TTMは11/12時点から過去12カ月で計算した値。

バランスシート

総資産総負債株主資本自己資本率
7-200858734243813435358.5%
7-200968128294513867756.8%
7-201081130368454428554.6%
7-201187095398364725954.3%
7-201291759404585130155.9%
7-2013101191420635912858.4%
7-2014105070484095666153.9%
7-2015113373536665970752.7%
7-2016121652580676358552.3%
7-2017129818636816613750.9%
7-2018108784655804320439.7%

さらに、重要指標を見てみます。

ROAとROEなど

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業が上げた利益を見る

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業が上げた利益を見る

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)

営業利益率ROAROE
7-200823.914.3724.46
7-200920.49.6716.81
7-201022.910.4118.74
7-201119.67.7214.19
7-201222.58.9916.32
7-201323.210.3518.08
7-201420.77.6113.57
7-201522.98.2215.44
7-201626.39.1317.42
7-201726.57.6414.81
7-201825.70.090.2

キャッシュフロー

営業CF投資CF財務CFフリーCF
7-200812089-4193-643310821
7-20099897-99595898892
7-201010173-119316219165
7-201110079-2934-40648905
7-201211491-3815-553910415
7-201312894-11768-300011875
7-201412332-6643-688811057
7-201512552-10088-231311325
7-201613570-8117-469912424
7-201713876-5993-380612912
7-20181366615324-3176412832

地力のある企業なので、CSCOの今後の頑張りに期待したいものです。

【スポンサードリンク】

-ダウ30銘柄, 中成長・中配当, 全投稿記事, 情報技術, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.