クレジット

mohamed_hassan / Pixabay

ダウ30銘柄 中成長・中配当 全投稿記事 米国株 金融・保険

【AXP】アメックスの株価と決算、配当

更新日:

アメリカン・エキスプレス(American Express Inc.)は米国のクレジットカード大手です(いわゆる「アメックス:AMEX」のこと)。

その業務エリアは米国中心ですが、欧米や日本の比重も無視できません。

地域別売上高(16年12月)を見ると、米国が75%、欧州・中東・アフリカが10%、アジア太平洋が9.5%を占めていました。

現在、140カ国で2200のトラベルサービスの拠点を持ち、全世界のカード会員数は7800万人に達しています。

その業務は以下の三つが大きな割合を占め、会員向けに金融、旅行手配、保険等の総合金融サービスを展開しています。

  • 旅行関連業務:クレカやトラベラーズ・チェックなど
  • 銀行業務:法人向けやプライベートバンクなど
  • その他金融サービス:投資信託、保険業など

AXPをセグメント別に分けると、以下の四つの分類になります。

  1. 米国消費者サービス(USCS):米国消費者へのカードサービスと旅行サービス
  2. 国際消費者・ネットワークサービス(ICNS):米国以外の国際消費者へのカードサービス、旅行サービス、グローバルネットワークサービス
  3. グローバル商業サービス(GCS):グローバルコーポレート決済サービス、米国と海外の小規模ビジネスへのサービス
  4. グローバルマーチャントサービス(GMS):カード取引の処理・決済のネットワーク運営、マーケティングプログラムとデータ分析、ロイヤルティ連携機関を運営

アメリカンエキスプレスは荷馬車運送業が発祥で、1891年にトラベラーズ・チェックを世界で初めて開発・発行しました。

08年の金融危機では巨額の貸倒損失を計上し、銀行持株会社へ移行しています。

AXP株の17%をバフェット率いるバークシャー・ハサウェイが保有しているのも、大事なポイントです。

本記事では、この銘柄の株価チャートと最近の指標を見ていきます。

競合企業はVisa、MasterCard、JCB、China UnionPay、PayPalなどです。

【AXP】アメックスの指標

スポンサーリンク

まず、主な指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

  • 1/2株価 : 99.73
  • 10/12株価 : 103
  • 年初からの上昇率 : 3.3%
  • 52週高値 : 111.77
  • 52週安値 : 87.54
  • EPS : 3.81
  • PER(株価収益率) : 27.02
  • 配当利回り : 1.54%
  • 配当成長率(5年比) : 10.93%
  • 時価総額(億$) : 887
  • 株式数(億) : 8.6

【AXP】アメックスの株価チャート

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

2016年は株価が沈みましたが、2017年以降は大きく株価を伸ばしています。

年ごとに株価の伸び率を見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は10/12)
AXP初値最安最高終値上昇率
201899.788.3111.1103.03.3%
201774.975.399.799.332.6%
201668.151.175.374.18.8%
201593.267.993.069.6-25.4%
201490.980.295.893.02.4%
201358.358.890.790.755.6%
201248.348.261.157.519.0%
201143.342.453.647.28.9%
201040.836.848.142.95.2%
200918.610.341.840.5117.8%
200852.117.252.118.6-64.4%
★2:各年初から2018/10/12までの伸び率
18年~17年~16年~15年~14年~13年~
3%38%51%11%13%77%
12年~11年~10年~09年~08年~-
113%138%152%454%98%-

AXP】の株価伸び率をダウ平均と比較

ここで、JPMの株価伸び率を他のダウ平均の銘柄と比較してみます。

【5年チャート】※DIA(ダウ平均に連動するETF)との伸び率比較。

ティッカー年初来リターン配当利回り1株配当
JPM0.4%3.01%$3.20
AXP4.3%1.52%$1.56
TRV-8.8%2.50%$3.08
GS-15.1%1.49%$3.20

AXPはダウ平均を大きく下回ってきましたが、16年以降、次第に株価が上昇に転じてきています。

【AXP】アメックスの決算と配当

最後に決算の数字を見てみます。

(利益と資産、負債、資本、キャッシュフロー=CFの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『米国株四季報』、モーニングスターHPとアメリカン・エキスプレス決算

四半期決算と配当:2015~2018年

営業利益純利益EPS配当
2015/3795015251.480.26
2015/6828414731.420.29
2015/9819312661.240.29
2015/1283918990.890.29
2016/3808814261.450.29
2016/6823520152.10.29
2016/9777411421.20.32
2016/128022825880.32
2017/3788912371.340.32
2017/6830713401.470.32
2017/9843613561.50.32
2017/128839-1197-1.410.35
2018/3971816341.860.35
2018/61000216231.840.35

17年末には純損失を計上しましたが、18年は持ち直しました。

近年の決算を見てみましょう。

通年決算(利益):2008~2017年

営業利益純利益ROAROE
2008/122836526991.9623.6
2009/122452321301.716.23
2010/122758240572.9626.15
2011/122996249353.2928.18
2012/123155544822.8923.53
2013/123287053593.4727.68
2014/123418858853.7429.07
2015/123281851633.1624.49
2016/123211954083.325.67
2017/123347127361.5513.6

ここ4年間の収支の中身は以下の通り。

 2014201520162017
非利息収益28716268962634827030
純受取利息5472592257716441
総収入34188328183211933471
損失引当金2044198820262759
費用総額23153228922199723298
税引前利益8991793880967414
税金3106277526884678
純利益5885516354082736

2017年を見ると、費用も増えていますが、税金の支払いが特に目を引きます。

必ずしも業績が悪化しているわけではなく、米国は減税が決まったので、2018年以降は好転するかもしれません。

配当余力など:2008~2017年

営業CFEPS配当配当性向
2008/1286662.320.7229
2009/1263841.540.7246.8
2010/1292883.350.7221.5
2011/12104754.120.7218.1
2012/1270823.890.820.6
2013/1285474.880.6620.2
2014/12109905.561.2418.2
2015/12109725.051.1319.8
2016/1282245.651.2221
2017/12135402.971.3425.2

最後に、自己資本とキャッシュフローを見てみます。

財務情報:2012~2017年

総資産総負債株主資本自己資本率
2012/121531401342541888612.30%
2013/121533751338791949612.70%
2014/121591031384302067313.00%
2015/121611841405112067312.80%
2016/121588931383922050112.90%
2017/121811961629351826110.10%

キャッシュフロー:2012~2017年

営業CF投資CF財務CF
2012/127082-6545-3268
2013/128547-7269-3891
2014/1210990-796711
2015/1210706-8193-1763
2016/1282911868-7599
2017/1213540-1827312245

【スポンサードリンク】

-ダウ30銘柄, 中成長・中配当, 全投稿記事, 米国株, 金融・保険

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.