薬局

mohamed_hassan / Pixabay

ヘルスケア 全投稿記事 米国株

CVSヘルスの株価と決算、配当

更新日:

CVSヘルス(CVS Health Corporation)はドラッグストアの大手です。

薬局サービス部門は複雑で高価な医薬品を扱う専門薬局の運営、処方箋の管理・販売、ジェネリック薬の購入手配などを手掛けており、そのほかでは医薬保険の管理にも関わっています。

ワシントンDCを含む米国全土、コロンビア、プエルトリコ、ブラジルなどでチェーン店を営んでいます(2016年末時点で9709店舗を運営)。

業務の幅は広く、処方薬や市販薬のほか、化粧品、季節商品、グリーティングカードの販売、写真プリントなども行っています。

2015年にはオムニケア(長期介護施設向け調剤サービスを営む)を買収し、小売大手のターゲットからは店舗内薬局・診療所事業を買収しました。

17年12月には医療保険エトナの買収も発表しました(18 年後半に完了予定)。

CVSの株価推移

スポンサーリンク

まず、ここ3か月のCVSヘルスの株価をロイターのサイトで見てみます。

2月以降、株価が下がり続け、低迷を続けています。

【3ヶ月チャート】

【3年チャート】

ここ3年を見ると、米国株が上昇を続ける中で、CVSヘルスの株価は下がり続けていました。

【長期チャート】

長期で見ると、サブプライムショック以降、底値をつけて株価は上昇。2015年を頂点にして株価の下落が続きました。

CVSのトータルリターンなど

次に、ブルームバーグのサイトでこの銘柄の指標を見てみます(2018/4/15閲覧)。

  • 株価52週レンジ:60.14~84
  • 1年トータルリターン:-16.53%
  • 年初来リターン:-12.51%
  • 株価収益率(PER):11.53
  • 1年1株当り利益 (EPS) :5.5
  • 株価売上高倍率(PSR):0.35
  • 直近配当利回り(税込):3.15%

1年トータルリターンは-16%。かなり渋い結果です。

CVSの決算と配当

次に、決算の数字を見てみます。

営業利益と純利益の単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源は亜州IR株式会社の『2018新年号米国株四半期速報』とCVSヘルス決算)

四半期と通年で推移を見てみます。

四半期決算と配当:2015~2017

売上高 純利益 EPS 1株配当
2015/3 36332 1221 1.07 0.35
2015/6 37169 1272 1.12 0.35
2015/9 38644 1246 1.11 0.35
2015/12 41145 1498 1.34 0.35
2016/3 43215 1146 1.04 0.425
2016/6 43725 924 0.86 0.425
2016/9 44615 1540 1.43 0.425
2016/12 45971 1707 1.59 0.425
2017/3 44514 952 0.92 0.5
2017/6 45685 1098 1.07 0.5
2017/9 46181 1285 1.26 0.5
2017/12 48385 3287 3.21 0.5

通年決算と配当:2012~2017

売上高 純利益 EPS 1株配当
2012/12 123120 3864 3.01 0.65
2013/12 126761 4592 3.74 0.9
2014/12 139367 4644 3.96 1.1
2015/12 153290 5237 4.63 1.4
2016/12 177526 5317 4.9 1.7
2017/12 184765 6622 6.44 2

財務情報:2015~2017

最後に、キャッシュフロー等の推移も見てみます。

15/12 16/12 17/12
総資産 92437 94462 95131
自己資本 37196 36830 37691
自己資本比率 40.24 38.99 39.62
有利子負債 27464 27531 27025
営業CF 8412 10069 8007
投資CF -13420 -2470 -2932
財務CF 5006 -6689 -6751
フリーCF 6615 7797 6082

【スポンサードリンク】

-ヘルスケア, 全投稿記事, 米国株

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.