【EMR】エマソン・エレクトリックの株価と決算、配当

2019年3月14日

広告

エマソン・エレクトリック(Emerson Electric Co.)は、電子・電気機器、ソフトウエア、システム、サービスの設計・製造などを手がけるコングロマリットです。

計測機器や測定機器を主力とし、制御用バルブ、冷凍用空調圧縮機や自動制御機器、消費者向け工具などを手がけています。

EMRは、60年以上も連続増配を続ける高配当銘柄として知られています。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

1/2株価 58.8
3/11株価 67.4
株価上昇率 14.6%
52週高値 79.7
52週安値 55.4
EPS 3.6
PER 18.72
配当(利回り) 1.96 (2.94%)
時価総額(億$) 415
株式数(億) 6.1

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。


その株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は3/11)
EMR

初値

最安

最高

終値

上昇率

2019

58.8

58.5

68.8

67.4

15%

2018

70.1

55.5

78.5

59.8

-15%

2017

56.3

56.1

70

69.7

24%

2016

47.3

42.3

58.3

55.8

18%

2015

61.8

42.8

61.9

47.8

-23%

2014

69.8

58.2

70

61.7

-12%

2013

54

53.3

70.3

70.2

30%

2012

48.2

44

53.4

53

10%

2011

57.6

40.7

61.9

46.6

-19%

2010

43.2

41.5

58.7

57.2

32%

2009

36.7

24.9

43.4

42.6

16%

2008

56.7

30

58.2

36.6

-35%

★2:各年初から2019/3/11までの伸び率
19年~

18年~

17年~

16年~

15年~

14年~

15%

-4%

20%

42%

9%

-3%

13年~

12年~

11年~

10年~

09年~

08年~

25%

40%

17%

56%

84%

19%

配当利回りと配当性向

株価の次に、配当金と配当性向の推移をモーニングスター(MS)社のデータで見てみます。

★配当性向=1株当たり配当÷EPS×100〔純利益から配当金を支払っている割合〕

★MS社は非GAAPのEPSで配当性向を試算。GAAP基準のEPS試算〔=単純計算〕の箇所は筆者挿入。

年/月

EPS

配当

配当性向

(GAAP)

単純計算 MS試算
2008/9

3.06

1.2

39.2

?

2009/9

2.27

1.32

58.1

58.1

2010/9

2.84

1.34

47.2

51.5

2011/9

3.27

1.38

42.2

42.6

2012/9

2.67

1.6

59.9

47.4

2013/9

2.76

1.64

59.4

79.5

2014/9

3.03

1.72

56.8

47.9

2015/9

3.99

1.88

47.1

51.2

2016/9

2.52

1.9

75.4

67.2

2017/9

2.35

1.92

81.7

76.3

TTM

3.27

1.94

59.3

59.3

四半期ごとの配当も見てみます

権利落ち日

1株配当

配当利回り

当日株価

2018/11/16

0.49

2.8%

69.6

2018/08/17

0.485

2.6%

74.86

2018/05/11

0.485

2.7%

72

2018/02/16

0.485

2.6%

72.99

2017/11/17

0.485

3.2%

59.85

2017/08/11

0.48

3.3%

58.89

2017/05/12

0.48

3.3%

57.44

2017/02/17

0.48

3.1%

61.89

2016/11/11

0.48

3.4%

55.5

2016/08/12

0.475

3.5%

53.97

2016/05/13

0.475

3.7%

51.81

2016/02/12

0.475

4.1%

46.02

2015/11/13

0.475

4.0%

47.69

四半期決算(予想と実値)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます(2018/11/18、売上単位は100万ドル)。

ロイター予想値

売上予想

平均

上限

下限

期間

2020

19910

20625

19219

通年

2019

18901

19235

18287

通年

2018

17438

17538

17337

通年

3-19

4438

4491

4398

4半期

12-18

4912

5018

4817

4半期

売上

予想

結果

9-18

4912

4888

24

0.48

6-18

4465

4456

9

0.21

3-18

4207

4248

41

0.96

12-17

3722

3816

94

2.53

9-17

4451

4435

16

0.36

EPS予想

平均

上限

下限

期間

2020

4.11

4.3

3.83

通年

2019

3.65

3.75

3.49

通年

07-05

3.35

3.41

2.87

通年

3-19

0.78

0.81

0.74

4半期

12-18

0.89

0.98

0.86

4半期

EPS

予想

結果

9-18

0.89

0.89

0

0.41

6-18

0.86

0.88

0.02

2.29

3-18

0.72

0.76

0.04

5.66

12-17

0.55

0.58

0.03

5.8

9-17

0.8

0.83

0.03

4.39

※決算予想では米国会計基準(GAAP)とは異なる「非GAAP基準」の数値が多用されています。これは各社が経営実態を踏まえて調整した数値です(売上とEPSの数値が後述のGAAP基準での数値と異なる場合は、非GAAP基準の数値)。

四半期決算(GAAP基準)

GAAP基準での四半期会計の実績は以下の通りでした

EMR 売上高 営業利益 純利益 EPS
09-2017 4435 807 502 0.78
12-2017 3816 629 394 0.61
03-2018 4248 793 489 0.76
06-2018 4456 895 719 1.12
09-2018 4888 885 622 0.97

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)

売上高

営業CF

同マージン

純利益

2009/09

20915

3086

14.80%

1724

2010/09

21039

3292

15.60%

2164

2011/09

24222

3233

13.30%

2480

2012/09

24412

3053

12.50%

1968

2013/09

24669

3649

14.80%

2004

2014/09

24537

3692

15.00%

2147

2015/09

22304

2529

11.30%

2710

2016/09

14522

2881

19.80%

1635

2017/09

15264

1912

12.50%

1518

2018/09

17408

2892

16.60%

2203

※同マージン=営業キャッシュフローマージン。15~35%程度あれば優良な数値。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

営業利益率

EPS

DSO

2008/9

16.1

3.06

65.31

2009/9

12.6

2.27

71.91

2010/9

14.9

2.84

66.03

2011/9

17.5

3.27

64.76

2012/9

17.8

2.67

72.46

2013/9

16

2.76

73.2

2014/9

16.5

3.03

73.09

2015/9

14.8

3.99

76.41

2016/9

17.9

2.52

88.22

2017/9

16.9

2.35

69.02

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

総資産

総負債

株主資本

自己資本率

2008/09

21040

11927

9113

43.30%

2009/09

19763

11057

8706

44.10%

2010/09

22843

12891

9952

43.60%

2011/09

23861

13310

10551

44.20%

2012/09

23818

13376

10442

43.80%

2013/09

24711

13993

10718

43.40%

2014/09

24177

14010

10167

42.10%

2015/09

22088

13960

8128

36.80%

2016/09

21732

14114

7618

35.10%

2017/09

19589

10819

8770

44.80%

2018/09

20390

11400

8990

44.10%

ROAとROEなど

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業が上げた利益を見る

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業が上げた利益を見る

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る(下表では資本が負債の何倍かを表記)

ROA

ROE

流動比率

単位

倍率

2008/9

11.9

27

1.42

2009/9

8.5

19.5

1.54

2010/9

10.2

23.6

1.43

2011/9

10.6

24.6

1.45

2012/9

8.3

19

1.42

2013/9

8.3

19.2

1.44

2014/9

8.8

20.7

1.29

2015/9

11.7

29.8

1.29

2016/9

7.5

20.9

1.24

2017/9

7.4

18.6

1.64

TTM

10.5

25.5

1.23

キャッシュフロー

営業CF

投資CF

財務CF

フリーCF

2008/09

3293

-1072

-1454

2579

2009/09

3086

-1309

-1948

2555

2010/09

3292

-2517

-726

2768

2011/09

3233

-848

-1887

2586

2012/09

3053

-806

-1899

2388

2013/09

3649

-789

-1933

2971

2014/09

3692

-1159

-2559

3041

2015/09

2529

591

-2948

1941

2016/09

2881

-626

-2045

2434

2017/09

1912

1514

-3591

1436

2018/09

2892

-2720

-2092

2275

【スポンサードリンク】