【IYK/IYC】消費関連ETF  財とサービスのどちらに投資する?

セクターETF

消費財・サービスセクターETFのうち、「財」に関わる企業に投資するETFと、「サービス」に関わる企業に投資するETFを比較してみます。

ブラックロック社の【IYK】(iシェアーズ米国消費財ETF)と【IYC】(iシェアーズ米国消費者サービスETF)を取り上げ、株価の推移、配当、ポートフォリオ等を見てみます。

この2つのETFは消費財セクターの企業を中心に投資しますが、他の企業等も含んでいるので、実際は、分散投資のレンジがかなり広くなっています。

そのため、「消費財・サービスセクター」への投資に特化するバンガードやステートストリートのETFとは別枠で紹介することにしました。

ざっくりいえば、「財」中心の「IYK」はTSLAを筆頭銘柄にして消費財から必需品までをレンジに収めています。また、「サービス」中心の「IYC」のほうは、AMZNを筆頭銘柄にしてリアルなサービス業(MCDやSBUX、HD、LOW等)や通信系の企業(NFLX、DIS等)をフォロー。後者は数年前に通信セクターの範囲が変わる前に消費財セクターに置かれていた企業群が入っているような感じです。

IYKはディフェンシブ系の必需品銘柄にTSLAのようなハイパーグロースが含まれるという、不思議な構成になっています。一方、IYCはグロース系が多いので、利回りではIYK、成長率ではIYCのほうが高いです。

そうした概観を踏まえて、両銘柄の情報を整理してみます。

主な指標で見ると・・

まず、ETFを指標で比較してみましょう(出所はグーグルファイナンス関数。EPSとPERは想定値です)。

IYK IYC
1/3株価 199.3 84.8
5/20株価 194.3 58.5
株価上昇率 -2.51% -31.02%
52週高値 215.4 87.5
52週安値 175.6 57.1
総資産(億$) 12 10
利回り 1.56% 0.52%
経費率 0.42% 0.42%

次に、個々の銘柄の概要を見ていきます。

【IYK】iシェアーズ米国消費財ETF

  • ダウ・ジョーンズ米国非景気循環セクター指数に連動する。
  • 指数の名が示す通り、消費財ETFと言いながらも、実際は必需品セクターの銘柄が多い。そこにTSLAやGM等の大型耐久財を扱う企業が入っている。/li>
  • セクター別の投資比率は、必需品が5割、消費財セクターが4割。

【株価チャート】(赤線は200日移動平均線)

★1:各年の株価伸び率(※22年終値は5/20株価)
IYK 初値 終値 上昇率
2022 199.3 194.3 -3%
2021 174.2 200.3 15%
2020 133.6 173.4 30%
2019 105 133.2 27%
2018 126.9 106.4 -16%
2017 111.1 126.7 14%
2016 106.8 110.7 4%
2015 105 108.4 3%
2014 95.3 104.8 10%
2013 76.3 95.7 25%
2012 69.2 75 8%
2011 65 68.5 5%
2010 55.7 64.6 16%
2009 46.4 55.5 20%
2008 63.7 46.3 -27%


【IYC】iシェアーズ米国コンシューマー・サービシズETF

  • ダウ・ジョーンズ米国消費サービス・キャップト指数に連動する。
  • ネット系ではAMZN、リアルではMCDやSBUXのように「サービス」を提供する米国企業に分散投資する(NFLXやCMCSA等、消費財セクター以外の企業を含む)。
  • セクター別の投資比率は消費関連サービスが5割、通信系が3割程度。

【株価チャート】(赤線は200日移動平均線)

★1:各年の株価伸び率(※22年終値は5/20株価)
IYC 初値 終値 上昇率
2022 84.8 58.5 -31%
2021 70.7 85.3 21%
2020 57.4 70.5 23%
2019 44.4 57.1 28%
2018 45 45.2 1%
2017 38 44.8 18%
2016 35.5 37.8 6%
2015 34.6 36.2 4%
2014 30.3 34.5 14%
2013 22.1 30.4 38%
2012 18.2 21.7 20%
2011 17.1 17.9 5%
2010 14 16.9 21%
2009 10.6 13.9 31%
2008 15.5 10.6 -32%


成長率を比較

これらのETFに関して、各年初から直近までの株価伸び率を比較してみます。

IYK IYC
22年~ -3% -31%
21年~ 12% -17%
20年~ 46% 2%
19年~ 85% 32%
18年~ 53% 30%
17年~ 75% 54%
16年~ 82% 65%
15年~ 85% 69%
14年~ 104% 93%
13年~ 155% 165%
12年~ 181% 221%
11年~ 199% 242%
10年~ 249% 318%
09年~ 319% 452%
08年~ 205% 277%


配当利回り

年間累計の分配金(ドル)を株価で割った利回りの推移を見てみます。

IYKの利回り

権利落ち日 配当 利回り 株価
2022/3/24 0.77 1.65% 198
2021/12/13 1.18 1.62% 192.8
2021/9/26 0.79 1.45% 183.4
2021/6/10 0.48 1.28% 179.7
2021/3/25 0.52 1.38% 173.5
2020/12/14 0.65 1.47% 167.1
2020/9/23 0.78 1.84% 144
2020/6/15 0.44 2.03% 126.7
2020/3/25 0.59 2.91% 102.6
2019/12/16 0.84 2.24% 131.6
2019/9/24 0.7 2.25% 124.2
2019/6/17 0.86 2.42% 121.5

IYCの利回り

権利落ち日 配当 利回り 株価
2022/3/24 0.09 0.44% 74.5
2021/12/13 0.04 0.39% 81.9
2021/9/26 0.11 0.6% 79.7
2021/6/10 0.08 0.72% 76.1
2021/3/25 0.09 0.61% 74.4
2020/12/14 0.14 0.89% 68.9
2020/9/23 0.06 1.29% 60.4
2020/6/15 0.17 1.89% 54.7
2020/3/25 0.25 2.5% 43.8
2019/12/16 0.31 1.81% 56.3
2019/9/24 0.31 1.66% 54.2
2019/6/17 0.23 1.5% 54


ポートフォリオの比較

次に、このETFの構成比率を見てみます。

規模別の比率

(出所はfidelity.com。2022/5/8閲覧)

IYK IYC
大企業 75.2% 70.6%
中企業 22% 24.9%
小企業 2.7% 4.5%
零細企業 0% 0%

セクター別保有比率

IYK IYC
情報技術 0% 2.2%
通信 0% 11.9%
エネルギー 0% 0%
資本財 0.1% 2.8%
消費財 0.5% 68.2%
素材 2.1% 0%
金融 0% 0%
不動産 0% 0%
ヘルスケア 8.8% 0%
必需品 88.3% 14.8%
公益事業 0% 0%

組入れ上位10銘柄

ETFの構成銘柄のTOP10を見てみます(出所は英語版yahoo finance。2022/5/8閲覧)。

IYC IYK
AMZN 10% TSLA 16.9%
HD 7.4% PG 10.4%
DIS 5% KO 6.5%
NFLX 5% PEP 6.4%
CMCSA 4.6% NKE 6.3%
WMT 4.5% PM 4.8%
COST 4.5% MO 2.8%
MCD 4% MDLZ 2.6%
LOW 3.2% EL 2.4%
SBUX 3.1% CL 2%
TOP10 51.4% TOP10 60.9%