【LYFT】リフトの株価と決算

旅行関連,米新興株特選,通信

リフト(Lyft, Inc.)はライドシェアリング企業です。

北米(米国とカナダ)でライドシェアリングサービスを展開しています(バイクシェアリング含む)。

アプリ上で多様な乗車プランを提供し、顧客とドライバーをマッチングさせ、乗車予約と運送の手配、決済、サービスの評価が可能な体制を整えています。

配車サービスに特化し、ドライバー還元を重視することでUBERに対抗しています。

新型肺炎が広まる前は、ライドシェアに特化するLYFTのほうが黒字化が近いのではないか、とも言われていたのですが、2020年の事態は予想外だったので、結果的に、それが裏目に出てしまいました。

UBERのほうは食品の配達で稼いでライドシェアの減収を補ったのに対して、LYFTは単に減収しただけで終わったわけです。

ただ、ワクチン普及が進んだので、2021年以降は次第に事業が好転していきそうです。

懸念点としては、バイデン政権がライドシェア事業のドライバーを従業員扱いすべきだ、という主張を出してきていることが挙げられます。

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得。配当利回りのみZacks)

1/4株価 49.4
10/21株価 49.6
株価上昇率 0.38%
52週高値 68.3
52週安値 21.3
β値
EPS -4.96
PER
配当利回り 0
時価総額(億$) 166
株式数(億) 3.3

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※21年終値は10/21株価)
LYFT 初値 終値 上昇率
2021 49.4 49.6 0%
2020 43.2 49.1 14%
2019 87.3 43 -51%
★2:各年初から21/10/21までの伸び率
21年~ 20年~ 19年~ 18年~
0% 15% -43%


四半期決算(2020予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス。)。

EPS:予想と結果

予想 10/17 1月前 2月前
Y:2022 0.69 0.69 0.75
Y:2021 -0.39 -0.39 -0.46
Q:21/12 0.06 0.06 0.06
Q:21/9 -0.03 -0.03 -0.04
EPS 予想 結果
21/3 -0.53 -0.35 0.18 34.0
20/12 -0.71 -0.58 0.13 18.3
20/9 -0.91 -0.89 0.02 2.2
20/6 -1 -0.86 0.14 14.0
20/3 -0.63 -0.32 0.31 49.2
19/12 -1.38 -1.19 0.19 13.8
19/9 -1.66 -1.57 0.09 5.4
19/6 -1.56 -0.68 0.88 56.4
19/3 -1.81 -9.02 -7.29 -402.8

graph

売上高:予想と結果

予想 10/17 1月前 2月前
Y:2022 4480 4480 4400
Y:2021 3220 3210 3130
Q:21/12 975 975
Q:21/9 862 864 864
売上 予想 結果
21/3 558 609 51 9.1
20/12 560 570 10 1.8
20/9 487 500 13 2.7
20/6 339 339 0 0.0
20/3 882 956 74 8.4
19/12 984 1017 33 3.3
19/9 919 956 37 4
19/6 809 867 58 7.2
19/3 744 776 32 4.3

graph
決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

LYFT 売上高 営業CF 同マージン 純利益
16/12 343 -487 -142% -683
17/12 1060 -394 -37% -688
18/12 2157 -281 -13% -911
19/12 3616 -106 -3% -2602
20/12 2365 -1379 -58% -1753

EPSや売上成長率など

LYFT SG(%) EPS DSO
16/12 -90% -37.08
17/12 209% -35.53
18/12 103% -43.04
19/12 68% -11.44
20/12 -35% -5.61

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

graph

LYFT 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
16/12
17/12 3017 4996 -1979 -66%
18/12 3760 6631 -2871 -76%
19/12 5691 2837 2854 50%
20/12 4679 3003 1676 36%

ROEとROA

LYFT ROA ROE 流動比率
17/12 -23% 35% 368%
18/12 -24% 32% 122%
19/12 -46% -91% 132%
20/12 -37% -105% 125%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

LYFT 営業CF 投資CF 財務CF
16/12 -487 -408 775
17/12 -394 -991 2049
18/12 -281 -1044 852
19/12 -106 -1611 1574
20/12 -1379 740 513