【MDB】モンゴデータベースの株価と決算

2019年10月14日

広告

モンゴデータベース(MongoDB Inc)はクラウド環境などで世界中に汎用データベースを提供するプラットフォーム企業です。

オープンソースでのデータベース開発や、アプリ開発の簡素化のために設計されたバックエンドサービスやプラットフォーム認証、商業用ライセンスなどを手がけています。

いままでのデータベースでは、ORCL(オラクル)やMSFT(マイクロソフト)が大きなシェアを握っており、MySQLやPostgreSQLなどのオープンソースのデータベースが用いられてきました。

こちらは「リレーショナルデータベース」といわれるもので「表形式」でデータを取り扱っています。

ところが、モンゴDBはもっと柔軟なデータベースなので、データに階層構造を与え、表では扱えない複雑な構造をもったデータを扱うことができます。

人工知能を用いる際には、機械学習や深層学習を行うので、ビッグデータを種々様々な形で取り扱います。

複雑化が進む現代のデータベースとして、モンゴDBに期待が高まっており、今後は、ORCLやMSFTにとって代わる可能性が期待されているわけです。

広告

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)

1/2株価 81.4
10/11株価 136.3
株価上昇率 67.5%
52週高値 184.8
52週安値 62.3
EPS -2.01
PER #N/A
配当利回り
時価総額(億$) 77
株式数(億) 0.5

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう

★1:各年の株価伸び率(※19年終値は10/10)
MDB 初値 終値 上昇率
2019 81.4 136.3 67%
2018 29.9 83.7 180%
2017 33 29.7 -10%
★2:各年初から19/10/10までの伸び率
19年~ 18年~ 17年~ 16年~
67% 355% 313% #REF!

四半期決算(2019予想など)

さらに、ロイターが調べた四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載)。

EPS:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前
Y:2021 -0.76 -0.75 -0.75
Y:2020 -1.06 -1.06 -1.06
Q:20/1 -0.3 -0.28 -0.28
Q:19/10 -0.28 -0.28 -0.28
EPS 予想 結果
19/7 -0.28 -0.26 0.02 -7.1
19/4 -0.24 -0.22 0.02 -8.3
19/1 -0.38 -0.26 0.12 -31.6
18/10 -0.4 -0.3 0.1 -25.0
18/7 -0.45 -0.41 0.04 -8.9
18/4 -0.43 -0.43 0 -0.5

売上高:予想と結果

予想 10/7 1月前 2月前 3月前
Y:2021 514 503 503 493
Y:2020 394 382 382 372
Q:20/1 106
Q:19/10 100 95 95 94
予想 結果
19/7 91 99 8 8.8
19/4 83 89 6 7.1
19/1 74 83 9 12.3
18/10 60 65 5 7.9
18/7 52 57 6 11.1
18/4 46 48 2 3.9

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。

通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等

MDB 売上高 営業CF 同マージン 純利益
16/1 65 -47 -72% -73
17/1 115 -38 -33% -70
18/1 166 -45 -27% -84
19/1 267 -42 -16% -99
20/1

*同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

MDB SG(%) EPS DSO
16/1 -6.54 125.4
17/1 77% -5.74 96.8
18/1 44% -3.54 92.4
19/1 61% -1.9 81.8
20/1  

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)

※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。上記DSOの出所はモーニングスター社。

バランスシート

MDB 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
16/1 157 75 82 52%
17/1 174 116 59 34%
18/1 433 185 248 57%
19/1 733 469 265 36%
20/1

ROAとROEなど

MDB ROA ROE 流動比率
16/1 -46% -89% 218%
17/1 -40% -119% 161%
18/1 -19% -34% 307%
19/1 -14% -37% 343%
20/1  

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合

★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合

★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

MDB 営業CF 投資CF 財務CF
16/1 -47 -80 3
17/1 -38 31 43
18/1 -45 -172 210
19/1 -42 -160 288
20/1