【PYPL】ペイパルの株価と決算

BNPL (後払決済),NFT,仮想通貨,情報技術,決済(ペイメント),米国個別株,高成長銘柄,フィンテック

ペイパルホールディングス(PayPal Holdings, Inc.)は大手の電子決済サービス企業です

オンライン支払いソリューションを手がけ、消費者や販売店に向けて、デジタルやモバイルで決済が可能な技術プラットフォームを提供。そのプラットフォームでは、モバイル、タブレット、パソコン、ウェアラブルなどの端末で常にアクセスが可能です。

また、Venmo、Xoomでの個人間送金も手がけています。

その収入は手数料が中心で(約9割を占める)、VISA、MA(マスターカード)、GOOGL、BIDU(バイドゥ)、C(シティグループ)、JPM(JPモルガン)、AAPL(アップル)などと提携しています。

社史をたどると、2002年にEBAY(イーベイ)の傘下に入ったものの、2015年に分離・独立し、ナスダックに上場。

近年は買収を加速し、業務の幅を広げてきています。

18年にはローン事業を消費者金融を営むシンクロニー、中小企業の決済に強いハイパーウォレット、欧州のモバイル決済サービスのiZettleを買収。

19年には中国でオンライン決済を行うゴーペイの株式7割を取得。20年1月にはクーポン・価格比較サービスを手がけるHoney Scienceを買収しています。

2019年末時点で3億以上のユーザーを保有。ペイパルの顧客は100以上の通貨による支払い、56の通貨による銀行送金、25の通貨によるペイパル口座の保有ができ、非常に高い利便性を誇っています。

地域別売上高は以下の通りです。

年/月 17/12 18/12 19/12 20/12 21/12
米国+カナダ 54% 54% 53% 51% 54%
英国 11% 11% 11% 11% 9%
その他 35% 35% 37% 38% 37%

主な指標を概観

まず、主要指標のデータを見てみます(指標と株価はgooglefinance関数から取得)。

1/3株価 191.4
5/20株価 80.5
株価上昇率 -57.92%
52週高値 310.2
52週安値 71.8
β値 1.39
EPS 3.03
PER 26.62
配当利回り
時価総額(億$) 933
株式数(億) 11.6

株価推移(チャートと伸び率)

次に、株価の推移を見てみます(青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線)。

株価の推移を1年ごとに見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※22年終値は5/20株価)
PYPL 初値 終値 上昇率
2022 191.4 80.5 -58%
2021 237.8 188.6 -21%
2020 109.5 234.2 114%
2019 82.4 108 31%
2018 74.2 84.1 13%
2017 40.3 73.6 83%
2016 35.1 39.5 12%
2015 38 36.2 -5%
★2:各年初から22/05/20までの伸び率
22年~ 21年~ 20年~ 19年~
-58% -66% -26% -2%
18年~ 17年~ 16年~ 15年~
9% 100% 129% 1.12


四半期決算(2021予想など)

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。
(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス)。

EPS:予想と結果

予想 5/16 1月前 2月前
Y:2023 4.91 5.81 5.82
Y:2022 3.92 4.65 4.65
Q:22/9 0.99 1.24 1.24
Q:22/6 0.88 1.12 1.12
EPS 予想 結果
22/3 0.88 0.88 0.00 0.0
21/12 1.12 1.11 -0.01 -0.9
21/9 1.07 1.11 0.04 3.7
21/6 1.13 1.15 0.02 1.8
21/3 1.01 1.22 0.21 20.8
20/12 1.00 1.08 0.08 8.0
20/9 0.94 1.07 0.13 13.8
20/6 0.88 1.07 0.19 21.6
20/3 0.75 0.66 -0.09 -12.0
19/12 0.83 0.86 0.03 3.6
19/9 0.52 0.61 0.09 17.3
19/6 0.74 0.86 0.12 16.2
19/3 0.68 0.78 0.10 14.7
18/12 0.67 0.69 0.02 3.0
18/9 0.54 0.58 0.04 7.4
18/6 0.57 0.58 0.01 1.8
18/3 0.54 0.57 0.03 5.6

売上高:予想と結果

予想 5/16 1月前 2月前
Y:2023 33140 35150 35180
Y:2022 28360 29370 29380
Q:22/9 7080
Q:22/6 6810 7120 7130
売上 予想 結果
22/3 6,400 6,500 100 1.6
21/12 6,860 6,920 60 0.9
21/9 6,230 6,180 -50 -0.8
21/6 6,270 6,240 -30 -0.5
21/3 5,900 6,030 130 2.2
20/12 6,090 6,120 30 0.5
20/9 5,430 5,460 30 0.6
20/6 4,980 5,260 280 5.6
20/3 4,740 4,620 -120 -2.5
19/12 4,940 4,960 20 0.4
19/9 4,350 4,380 30 0.7
19/6 4,330 4,310 -20 -0.5
19/3 4,130 4,130 0 0.0
18/12 4,240 4,230 -10 -0.2
18/9 3,660 3,680 20 0.5
18/6 3,810 3,860 50 1.3
18/3 3,590 3,690 100 2.8

ガイダンス

(Q=四半期、Y=通年、予=予想、GD=ガイダンス。「21/3」は21/3決算で出した次期Qもしくは通年のGD。GDは中値で掲載)

EPS Q:予 Q:GD Y:予 Y:GD
22/3 1.12 0.86以下 4.63 3.81~3.93
21/12 1.16 0.87 5.25 4.60~4.75
21/9 1.27 1.12 4.73 4.6
21/6 1.14 1.07 4.73 4.7
21/3 1.1 1.12 4.56 4.7
20/12 0.99 0.99 4.54 4.54
20/9 1.06 1.01 3.74 3.95
20/6 0.76 3.88
20/3 なし 3.64
19/12 0.67 0.67 2.875
売上 Q:予 Q:GD Y:予 Y:GD
22/3 7090 6802以下 29280 28500
21/12 6740 6395 29880 29938
21/9 7240 6900 25770 25350
21/6 6430 6200 25880 25750
21/3 6160 6250 25690 25750
20/12 5620 5910 25430 25525
20/9 6110 6080 21410 21770
20/6 5360 21325
20/3 5360 20080
19/12 4160 4105 18030 17950

決算予想と結果では米国会計基準(GAAP)とは違う「非GAAP基準」の数値(各社が経営実態を踏まえて調整した数値)が多用されています。そのため、本節の売上とEPSは次節のGAAP基準の値と同じになるとは限りません。


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

PYPL 売上高 営業CF 同マージン 純利益
12/12 5662 1565 28% 778
13/12 6727 1993 30% 975
14/12 8025 2220 28% 419
15/12 9248 2546 28% 1228
16/12 10842 3158 29% 1401
17/12 13094 2531 19% 1795
18/12 15451 5483 35% 2057
19/12 17772 4561 26% 2459
20/12 21454 5854 27% 4202
21/12 25371 6340 25% 4169

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

PYPL SG(%) EPS DSO
12/12 0%
13/12 19% 0.78 506.2
14/12 19% 0.34 485.6
15/12 15% 1 489.3
16/12 17% 1.15 490.7
17/12 21% 1.47 516.4
18/12 18% 1.71 481.3
19/12 15% 2.07 471.6
20/12 21% 3.54 578.4
21/12 18% 3.52 531.5

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。

バランスシート

PYPL 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
12/12
13/12 19160 11770 7390 39%
14/12 21917 13669 8248 38%
15/12 28881 15122 13759 48%
16/12 33103 18391 14712 44%
17/12 40774 24780 15994 39%
18/12 43332 27946 15386 36%
19/12 51333 34404 16929 33%
20/12 70379 50316 20063 29%
21/12 75803 54076 21727 29%

ROAとROEなど

PYPL ROA ROE 流動比率
12/12
13/12 5% 13% 130%
14/12 2% 5% 132%
15/12 4% 9% 152%
16/12 4% 10% 152%
17/12 4% 11% 143%
18/12 5% 13% 127%
19/12 5% 15% 143%
20/12 6% 21% 133%
21/12 5% 19% 122%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

PYPL 営業CF 投資CF 財務CF
12/12 1565 -1526 -210
13/12 1993 -1721 -85
14/12 2220 -2881 1284
15/12 2546 -8038 4728
16/12 3158 -5904 2038
17/12 2531 -4485 4084
18/12 5483 821 -1240
19/12 4561 -5742 4187
20/12 5854 -16218 12492
21/12 6340 -5485 -764