【TEAM】アトラシアンの株価と決算

SaaS(クラウド+サブスク),情報技術,米新興株特選,高成長銘柄

アトラシアン(TEAM:Atlassian)はソフトウェア開発者向けの法人向けアプリを提供する企業です。

コードベースを作成するプログラマーを対象に、ソフトウェアの共同開発ツールとして「Jira」(チーム・プランニングとプロジェクト管理)を提供。

それを助けるコラボレーションソフトとしては、ソフトウェアの障害発生時にユーザーに現状を即座に通達する「Statuspage」や、仕事の整理、ドキュメントの作成、全チャットを 1 ヶ所で行う「Confluence」、プロジェクト・タスク管理ツールの「Trello」、コードレビューを通じてバグを発見し、コード品質を改善する「Crucible」等を提供しています。

その事業は以下の四分野からなります。

★サブスクリプション:期間ライセンス&クラウド契約

★メンテナンス:サポート及び定期更新のための年間メンテナンス契約

★永久ライセンス:ソフトウェアの無期限使用の権利を販売

★その他:トレーニング、戦略コンサル、アトラシアンのアプリストアでの製品販売

【事業別売上比】(四捨五入のため累計が99%や101%のケースあり)

年/月 17/6 18/6 19/6 20/6 21/6
サブスク 39% 46% 52% 58% 63%
メンテナンス 43% 37% 33% 29% 25%
永久ライセンス 12% 10% 8% 6% 4%
その他 6% 7% 7% 7% 8%

(※その他は研修やコンサルティング等)

TEAMはオンライン販売によってマーケティングや営業コストを抑えながら、パートナー戦略やクチコミ効果を活かしてローコストの顧客拡大を実現しました。

設立されたのは2002年ですが、その後、世界に広がり、17万の顧客を抱える企業となりました(本社はシドニー。社員数は約5000人)。今やサブスクリプション方式の新興企業の代表格となっています。

【地域別売上高】

年/月 18/6 19/6 20/6 21/6
米国 44% 44% 43% 43%
米国外 56% 56% 57% 57%

社史を辿ると、ニューサウスウェールズ大学で出会ったマイク・キャノンブルックスとスコット・ファーカーが設立者で、その社名はギリシャ神話のタイタンにちなみます。

2006年には5つのコアバリュー (基本的価値観) を定めました。

★開かれた企業。デタラメはしない
★心を込め、バランスを考えて作る
★顧客をないがしろにしない
★チームとして動く
★自分自身が変化の原動力になる

2013年にはオーストラリアで「働きがいのある職場」第 1 位に選ばれ、2014年にNASDAQに上場 (ティッカーコード:TEAM)。

TEAMというティッカーの通り、「チームワークの力」をモットーにした企業です。

過去~現在株価

※左目盛り:青線は株価推移(最大20分ディレイ)赤線は200日移動平均線

※右目盛り:緑線は10年国債利回り

※主要指標の単位 時価総額:億ドル、株式数:億、1日の平均取引量:100万ドル


四半期決算 予想:結果

さらに、四半期決算のEPSと売上の予想を整理してみます。

(※下記図表では、Y=年度決算、Q=四半期決算、日/月=データの日時、その右欄にあるのは1カ月前、2か月前の予想値を記載。データの主な出所は英語版のヤフーファイナンス)。

★EPS:予想と結果

予想 9/20 1月前 2月前
2024 2.35 2.3 2.18
2023 1.65 1.56 1.53
Q:22/12 0.43 0.43 0.39
Q:22/9 0.38 0.38 0.35
EPS 予想 結果
22/6 0.27 0.27 0.00 0.0
22/3 0.32 0.47 0.15 46.9
21/12 0.39 0.50 0.11 28.2
21/9 0.40 0.46 0.06 15.0
21/6 0.18 0.24 0.06 33.3
21/3 0.29 0.48 0.19 65.5
20/12 0.32 0.37 0.05 15.6
20/9 0.27 0.30 0.03 11.1
20/6 0.21 0.25 0.04 19.0
20/3 0.21 0.25 0.04 19.0
19/12 0.27 0.37 0.10 37.0
19/9 0.24 0.28 0.04 16.7
19/6 0.16 0.20 0.04 25.0
19/3 0.18 0.21 0.03 16.7
18/12 0.21 0.25 0.04 19.0
18/9 0.19 0.20 0.01 5.3
18/6 0.12 0.13 0.01 8.3
18/3 0.08 0.10 0.02 25.0

graph

★売上高:予想と結果

予想 9/20 1月前 2月前
2024 4690 4660
2023 3620 3610 3490
Q:22/12 879 875
Q:22/9 806 802 770
売上 予想 結果
22/6 724 760 36 5.0
22/3 701 740 39 5.6
21/12 641 689 48 7.5
21/9 582 614 32 5.5
21/6 524 560 36 6.9
21/3 534 569 35 6.6
20/12 472 501 29 6.1
20/9 440 460 20 4.5
20/6 411 430 19 4.6
20/3 396 412 16 4.0
19/12 389 409 20 5.1
19/9 352 363 11 3.1
19/6 331 335 4 1.2
19/3 305 309 4 1.3
18/12 288 299 11 3.8
18/9 260 267 7 2.7
18/6 233 244 11 4.7
18/3 219 224 5 2.3

graph


通年決算(GAAP基準)

最後に、通年決算の数字を見てみます(以下、売上、利益、資産、負債、資本、キャッシュフローなどの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS)。

損益計算(売上、純利益等)

graph

TEAM 売上高 営業CF 同マージン 純利益
14/6 215 75 35% 19
15/6 320 98 31% 7
16/6 457 130 28% 4
17/6 620 199 32% -43
18/6 881 311 35% -113
19/6 1210 466 39% -638
20/6 1614 574 36% -351
21/6 2089 841 40% -696
22/6 2803 883 32% -614

同マージン=営業キャッシュフローマージン。15%もあれば優良。通常、売上高>営業CF>純利益となる。営業CF<純利益となる企業は粉飾決算の可能性あり。

EPSや営業利益率など

TEAM SG(%) EPS DSO
14/6 44% 0.11 10.5
15/6 49% 0.04 14.5
16/6 43% 0.02 17
17/6 36% -0.19 23.1
18/6 42% -0.49 24.3
19/6 37% -2.67 25.1
20/6 33% -1.43 25.7
21/6 29% -2.79 30.7
22/6 34% -2.42 40.2

※SG(セールスグロース):売上高成長率(前年度比)
※DSO(デイズ・セールス・アウトスタンディング):売掛金回収に必要な日数。売掛金÷1日平均売上高で計算。期末に無理して売込みをかけてEPSをよい数値にした企業の場合は、売掛金が増え、DSOの数値が大きくなる。

バランスシート

graph

TEAM 総資産 総負債 株主資本 自己資本率
14/6 262 137 125 48%
15/6 397 207 190 48%
16/6 991 259 732 74%
17/6 1284 390 894 70%
18/6 2422 1515 907 37%
19/6 2977 2412 565 19%
20/6 3894 3319 575 15%
21/6 2945 2650 295 10%
22/6 3361 3026 335 10%

ROAとROEなど

TEAM ROA ROE 流動比率
14/6 7% 15% 135%
15/6 2% 4% 127%
16/6 0% 1% 329%
17/6 -3% -5% 187%
18/6 -5% -12% 395%
19/6 -21% -113% 88%
20/6 -9% -61% 88%
21/6 -24% -236% 70%
22/6 -18% -183% 119%

★ROA=当期純利益÷総資産 ※総資産を用いて企業があげた利益の割合
★ROE=当期純利益÷自己資本 ※投下資本に対して企業があげた利益の割合
★流動比率=流動資産÷流動負債 ※短期的な支払い能力を見る指標

キャッシュフロー

graph

TEAM 営業CF 投資CF 財務CF
14/6 75 -47 -3
15/6 98 -29 2
16/6 130 -490 433
17/6 199 -225 9
18/6 311 -52 907
19/6 466 -604 -3
20/6 574 -319 -43
21/6 841 257 -1655
22/6 883 47 -462