stevepb / Pixabay

全投稿記事 米国株 電気通信

【TMUS】TモバイルUSの株価と決算

更新日:

TモバイルUS(T-Mobile US, Inc.)は全米規模の携帯電話事業4社のうちナンバースリーです。

TモバイルUSAとメトロPCS両社が合併してできたワイヤレス通信プロバイダーで、ドイツ・テレコムの子会社でもあります。

2013年に同社は「アン・キャリア」(通信事業者ではないこと)戦略を掲げ、携帯2年縛りの廃止など、従来の事業者が打てなかった顧客第一のサービスを展開します。

  • 料金プランの一本化
  • 解約手数料廃止
  • 端末のリース契約で、年に3回最新の端末に乗り換え可能
  • 通話・データのローミング無料
  • 音楽とビデオストリーミング無料
  • Wi-Fiルーター無償配布
  • Wi-Fi経由での音声通話に対応
  • データ通信量の翌月繰り越し
  • ビジネス回線ユーザーに対する個人回線割引

こうした施策が功を奏し、Tモバイルの加入者は3300万人(2012年)から7200万人(2017年3月)に急増。スプリントを追い越して業界第三位にのし上がります。

18年7月現在、Tモバイルとスプリントの合併は進行中ですが、これに関して米政府や議会ではメリット・デメリットの比較衡量が続けられています。

合併のスケールメリットを活かせば第5世代(5G)の移動通信ネットワーク構築とサービス競争で優位に立てますが、「競争する企業の数が減れば寡占化が進み、消費者の負担が増えるのではないか」という声も出てきているわけです。

【TMUS】TモバイルUSの指標

スポンサーリンク

まず、主要指標のデータを見てみます(出所はグーグルファイナンスなど)。

  • 1/2株価 .: 39.2
  • 10/22株価 .: 69.5
  • 年初からの上昇率 .: 77.3%
  • 52週高値 .: 70.94
  • 52週安値 .: 54.6
  • EPS(1株当たり利益) .: 5.42
  • PER(株価収益率) .: 12.82
  • 時価総額(億$) .: 751
  • 株式数(億) .: 10.8

【TMUS】TモバイルUSの株価推移

次に、株価の推移を見てみます。

青線が株価推移。赤線が200日間の移動平均線です。

2016年に大きく株価が上昇しています。

アンキャリア戦略が出された2012年以降に株価が大きく伸びましたが、17年以降は株価の天井にぶつかっているようにも見えます。

さらに、年ごとに株価の伸び率を見てみましょう。

★1:各年の株価伸び率(※18年終値は10/19)
TMUS 初値 最安 最高 終値 上昇率
2018 63.9 55.6 70.5 68.4 7.0%
2017 58.1 55.4 68.3 63.5 9.3%
2016 38.9 33.9 58.6 57.5 47.8%
2015 27.1 26.9 43.0 39.1 44.4%
2014 33.0 24.6 34.9 26.9 -18.4%
2013 20.0 16.5 33.6 33.6 68.2%
2012 17.8 11.2 27.1 19.9 11.7%
2011 25.5 15.0 37.4 17.4 -31.9%
2010 15.5 11.1 25.5 25.3 63.0%
2009 29.9 11.7 37.5 15.3 -49.0%
2008 39.2 21.4 43.7 29.7 -24.2%
★2:各年初から2018/10/19までの伸び率
18年~ 17年~ 16年~ 15年~ 14年~ 13年~
7% 18% 76% 152% 107% 242%
12年~ 11年~ 10年~ 09年~ 08年~ -
284% 168% 341% 129% 74% -

【TMUS】TモバイルUSの決算

最後に決算の数字を見てみます。

(売上と利益、資産と負債、資本とキャッシュフローの単位は百万ドル。EPS=希薄化後EPS。情報源はモーニングスターHPや亜州IR株式会社の『米国株四半期速報』、TモバイルUS決算)

四半期決算:2017~2018年

売上高 営業利益 純利益 EPS
2017/3 9613 1000 698 0.8
2017/6 10213 1415 581 0.67
2017/9 10019 1294 550 0.63
2017/12 10759 944 2707 3.1
2018/3 10455 1282 671 0.78
2018/6 10571 1450 782 0.92

通年決算:2009~2017年

売上高 営業利益 純利益 EPS
2008/12 2752 487 149 0.84
2009/12 3481 531 177 0.98
2010/12 4069 680 193 1.08
2011/12 20618 2141 -4718 -17.62
2012/12 19719 1532 -7336 -27.4
2013/12 24420 994 35 0.05
2014/12 29564 576 247 0.3
2015/12 32467 2316 733 0.82
2016/12 37490 3215 1460 1.69
2017/12 40604 4653 4536 5.2

利益率など:2009~2017年

粗利率 営業利益率 ROA ROE
2008/12 43.2 17.7 2.44 7.7
2009/12 42.4 15.2 2.56 8.18
2010/12 43 16.7 2.53 8.01
2011/12 58.3 10.4 3.46 11.02
2012/12 58.9 7.8 4.01 12.54
2013/12 49.8 4.1 0.12 0.4
2014/12 47.9 1.9 0.46 1.65
2015/12 54.1 7.1 1.14 4.21
2016/12 55.9 8.6 2.19 8.08
2017/12 56.4 11.5 6.57 21.97

財務情報:2013~2017年

総資産 総負債 株主資本 自己資本率
2013/12 49953 35708 14245 28.5%
2014/12 56653 40990 15663 27.6%
2015/12 62436 45879 16557 26.5%
2016/12 65891 47655 18236 27.7%
2017/12 70563 48004 22559 32.0%

自己資本率は3割前後。

流動比率は、2017年に流動資産<流動負債となりました。

流動資産 流動負債 非流動資産 非流動負債
2013/12 12228 5808 37725 29900
2014/12 13984 8776 42669 32214
2015/12 14890 9528 47546 36351
2016/12 14217 9022 51674 38633
2017/12 8915 11515 61648 36489

キャッシュフロー:2013~2017年

最後に、キャッシュフローの推移も見てみます。

営業CF 投資CF 財務CF フリーCF
2013/12 3545 -2092 4044 -861
2014/12 4146 -7246 2524 -3071
2015/12 5414 -9560 3413 -1245
2016/12 6135 -5680 463 -2535
2017/12 7962 -11064 -1179 -3103

【スポンサードリンク】

-全投稿記事, 米国株, 電気通信

Copyright© トランプ政権と米国株投資 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.